依存症の克服方法はある、依存症の治療法を解説する

サイトマップ
自己啓発プログラム
 

依存症の克服方法はある、依存症の治療法を解説する

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 依存症の克服方法はある、依存症の治療法を解説する

依存症の克服方法は、どのようなことをすれば良いのでしょうか。依存症とは1つのことに拘って、それに依存しないと精神的に不安定になる病です。依存症は非常に治しにくい病気だと言われています。このページでは依存症の克服方法について詳しく説明しましょう。


依存症が治しにくい原因として、本人の自覚の問題があります。依存症は本人が自覚しにくい病なのです。自覚しにくいので本人は病であると感じることはありません。ですから治そうとも思わないのです。


依存症は自覚しにくい病気です


依存症で多いのがアルコール依存、ニコチン依存、ギャンブル依存などがあります。日常でタバコを吸ったり、お酒を飲んだり、ギャンブルをすることは、大人であれば誰でも経験があるはずです。それが依存症であると言われると、ちょっと否定したくなるのではないでしょうか。


依存症を克服する為には、このような正常な人と依存症との境目を知ることが必要です。依存症の場合は、ほぼ毎日悪癖を行っています。分かりやすく言えば、毎日お酒を飲まないと気が済まない、毎日タバコを吸わないと気が済まない、毎日ギャンブルをやらないと気が済まないと思っていることです。


あくまでも気持ちの問題ですが、このように毎日悪癖をしないと気が済まない場合は依存症の可能性があります。しかし、本人としては依存症である自覚は無いはずです。依存症を克服方法としてこの部分がとても大事になります。


まずは、毎日やらなければ気が済まないと感じているならば依存症かもしれないと自覚することです。本人が自覚することが克服方法のスタートになります。克服すると言えば何か大変なことに感じるかも知れません。しかし、まずは自覚してみることから始めることが大切です。


依存症の克服方法として止めること


克服方法として、悪癖を止めることを強く意識しないことです。むしろ止めることばかり考えない方がいいでしょう。「止めたいと思う」ことは我慢することと同じです。


例えば、あなたがタバコを吸いたいけど我慢しようと考えます。しかし、我慢できなくてまた吸ってしまいます。依存症では、このような悪循環がいつまでも続いてしまいます。ではなぜタバコを吸いたいのでしょうか。


タバコが吸いたいのは「好きだから」と思っているのが大きな原因です。タバコを吸う人はタバコが基本的に好きなのです。だからタバコを毎日吸いたいのです。とても当たり前のことですが、この部分が重要です。理由はいろいろあるかと思いますが、「タバコが好きだから」という所が重要になります。


そうではなく、克服方法として嫌いになることが必要です。嫌いだからタバコを吸わないと思えるようになることが必要です。好きと思うか、嫌いと思うかは気持ちの問題です。まずはその部分が重要であることを理解しなければなりません。


関連記事
禁酒する秘訣と具体的な方法【禁酒を成功させる対策】
ギャンブル依存症の治療にはどのような方法がある?【ギャンブルをぴたりと止める方法】
アルコール依存症の患者と症状【アルコール依存症の治療法について】
ギャンブル依存症の患者と症状【ギャンブル依存症の治療方法】
禁酒を始める人の注意点【禁酒の成功例と失敗例】
鬱病から抜け出すには【鬱病の症状と治療法について】
統合失調症とはどのような病気か【統合失調症の症状と治療法について】
アルツハイマー病の症状について【アルツハイマー病の治療法について】
うつ病になったときの対処法【うつ病とストレスの関係】
精神科病院で行う投薬治療法【精神科病院の入院と投薬について】
精神科医の治療法の種類【精神科医で行う治療について】