速読の理解力とトレーニング方法、速読マスターをする秘訣とは

サイトマップ
自己啓発プログラム
 

速読の理解力とトレーニング方法、速読マスターをする秘訣とは

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 速読の理解力とトレーニング方法、速読マスターをする秘訣とは

速読で理解することは難しいと思っている人は多いのではないでしょうか。また速読で文章が理解できるのだろうかと疑問に思っている人も多いと思います。このページでは速読で理解する方法について説明しましょう。


速読で文章を理解するのには、いくつかのポイントがあります。最初に必要なのは文字を1文字ずつ読まないということです。普通の人が文章を読むときに1文字ずつ音読して文字を理解しています。文章を1文字ずつ読んでいては速読することはできません。


文章を一度に理解する


速読では、読む範囲を広げていくことが必要になります。一度に理解する範囲を広げることで読むスピードを上げるのです。文章を一塊のブロックとして見ることからブロック読みとも言われる方法です。ブロック読みでは多く文字を一度に見て理解します。


文字を読むのではなく一塊として見るのです。ブロック読みでは一度に見ることで理解します。読むのと見て理解するとは違うと思われるかも知れません。しかし、見ることで理解することができないと速読もできないのです。それはトレーニングでマスターできることなので心配はいりません。


ブロック読みができると速読のスピードが飛躍的に上がります。ただブロック読みで大きな範囲を見るということはトレーニングも必要になります。大きな範囲を一度に見なければならないので、視野を広げる必要があるのです。


文章を見るために視野を広げる


普通の人の視野は非常に小さな範囲しか見えていません。文字数で言えば5文字~10文字程度しかはっきりと見えていません。ですから一度に読める範囲もそれと同じなってしまいます。速読では、視野を広げて一度に見る範囲を広げます。


視野を広げても、文章をちゃんと理解できていなければなりません。速読で速く読むのと理解するのは同時に練習する必要があります。視野を広げながら理解するトレーニングをしっかりと行いましょう。


普通の文章の1行は40文字~50文字くらいあります。この範囲はかなり大きいのですが、これを一度に見られるようになると速読が楽になります。つまり一度に40~50文字を読むということです。もちろんそれが出来るようになる為には、視野を広げるトレーニングを行う必要があります。


このように速読のスピードを上げていきながら、しっかりと理解できるように練習します。理解できているかは、本の内容を覚えているかということです。ですから読んだ後には内容を書き出す練習も行った方がよいでしょう。


速読のスピードが上がるほど理解するのも難しくなります。文章が理解できていなければ速読の意味がありません。ですから理解できるスピードを少しずつ上げながらトレーニングしなければなりません。


関連記事
耳トレで能力開発する、耳トレが脳を活性化するトレーニング方法
速読の効果には何があるのか【速読で発揮できる能力について】
速読ソフト(アプリ)のドコモ携帯版を発売致しました【日本初―携帯用の速読ソフト】
速読術がマスターできた人【速読術で本を50倍速く読む】
頭の回転を速くするトレーニング【頭の回転が速い人になる】
理解力を高めて速読をしよう【理解力を付けるトレーニング方法】
速読は脳力を開発する【速読の練習で新しい脳力を開発!】
英語をマスターする方法【英語を話せる脳を開発する!】
速読法の効果はあるのか【速読法の効果を検証する】