話しを聞く・理解トレーニングの方法、人の話を聞いて理解する

サイトマップ
自己啓発プログラム
 

話しを聞く・理解トレーニングの方法、人の話を聞いて理解する

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 話しを聞く・理解トレーニングの方法、人の話を聞いて理解する

話しを聞く、そして理解するトレーニングは必要です。人の話を聞けない人は聞き上手とは言えないでしょう。話し方の上手い人ほど聞き上手でもあるのです。このページでは話しを聞いて理解するトレーニングについて説明しましょう。


人の話を聞くことはとても大切なことです。人の話を聞いて理解してくれる人は好意を持たれるからです。ですから、相手の話をしっかりと聞いて理解してあげることがとても大切です。話を聞いてくれる人は自然と好意をもって受け入れたくなるのです。


話を聞くとは、相手の話を理解するということです。しかし、相手の話にあまり興味がなかったとすれば、あまり聞きたくないないと思うかも知れません。相手が一方的に話していることについて聞こうとする姿勢は難しいと感じるでしょう。


話を一方的に聞くのは聞き上手ではない


相手の難しい話を一方的に聞けばよいというのではありません。話の方向性のことがまず大切です。まずは自分の方から相手に質問を投げかけてみると聞きやすいかも知れません。話の方向性を自分の方で先に決めてあげるのです。


例えば、相手は車に関心があるだろうと思ったとします。そんなときは車に関する質問を投げかければ良いのは理解できるでしょう。しかし、その質問の中にも少しでも自分が興味を持てるような質問でなければならないということです。


相手はどのような車種やメーカーが好きなのかについて興味があったときに、その質問を投げかけるということです。ですから、相手に気をつかって無鉄砲に質問を投げかけるのはよい聞き方とは言えません。


意味のない質問は、返答が返ってきたとしても、「ああそうですか」で終わってしまう可能性があるからです。返答に対して理解して、自分なりの考えを言ったり、更に質問を投げかけたりすることが必要でしょう。その為には質問を適当にしてはいけないということです。


聞くトレーニングのポイント


話を聞くトレーニングでは、いくつかのポイントがあります。まずは、相手が何に対して関心があるのか知ることです。相手の関心がある話であれば、聞き手として聞きやすくなるからです。それで相手からいろいろな話を聞くことで、関心について引き出していけばよいのです。


自分の話を理解してくれる人に対しては好感で接してくれます。理解することを上手く利用して、聞き上手になることが必要です。その場合は、少しでも関心を持てるような質問を投げかけることが重要です。


相手の話を一方的に聞くトレーニングではなく、こちらの興味のあることを聞くところがポイントになります。それに対して少し意見してみるのもいいでしょう。少しという所もポイントになります。あまり自分の方が多く話をすると相手が話しにくくなるからです。


関連記事
会話力の向上と練習方法はあるのか【会話力を上達させる秘訣とは】
話す力をつけるにはどうすればよいのか?【会話力アップを目指す】
人の話を理解するトレーニング方法【理解力の強化と会話法】
会話力で人間関係を改善する方法【会話力とコミュニケーション】
話し方の練習方法とは上達するトレーニング【話し方を上手くする練習】
話し方練習の基本と応用【話し方練習では何を話すのか】
会話術の練習と事例【会話術を実践しながら話す】
口下手を直すことは可能か【口下手を直す訓練法】
話し方CDの講座内容【話し方CDの練習効果について】
話し方の基本をマスターする【話し方の基本から応用まで学ぶ】
話し方教室のトレーニングとは【話し方教室で特訓する】
話すトレーニングでコミュニケーション力アップ【話すトレーニング方法】
会話法で聞き上手になる秘訣【会話法をマスターしよう!】
聞き上手になる話し方をマスターする【聞き上手な人になろう】
初対面の人と上手く話す秘訣【初対面の人と1分で仲良くなる】
話し方上手になる簡単な方法【話し方上手な人の会話術】
友達との話し方その1【友達との話し方を考える】
会話力を身につける【会話力で相手から好かれる人になる】