会話力の向上と練習方法はあるのか【会話力を上達させる秘訣とは】

サイトマップ
自己啓発プログラム
 

会話力の向上と練習方法はあるのか【会話力を上達させる秘訣とは】

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 会話力の向上と練習方法はあるのか【会話力を上達させる秘訣とは】

会話力は日常生活でとても重要になります。会話力によって日常で出会う人とのコミュニケーションも変わってしまうからです。会話力を向上させる練習を実践することが必要になってきます。このページでは会話力について詳しく説明しましょう。


会話力とはコミュニケーション力のことです。人と接するときに何かしらの会話が必要です。会話の内容次第で相手に与える印象も変わってしまいます。ですから会話力を向上させることはとても重要になってくるのです。


会話力といっても、ただ適当に話しているだけでは上達しません。会話の内容をしっかりと把握して話さないと無意味な会話になってしまいます。自分が言うことも大切ですが、相手の言っていることをよく理解することも大切です。


会話力で適切な返答をする


会話力がある人は、相手の言ったことに対して適切な返答をしています。返答するのは当たり前だと思われがちですが、実は上手くできていないことが多いのです。


例えば、相手が「こんにちは、今日は暑いですね」と言ったことに対して、「こんにちは、昨日は寒かったですね」と返答したとします。この場合は少し会話が変と思われるかも知れません。


相手は今日の話をしているのですから、今日の話で返すことが適切だと言えるでしょう。ですから適切な返答としては「こんにちは、今日は昨日と違って暑いですね」と返答するのが適切と言えるでしょう。


このような会話はよくあることなので、上手く返答できるように練習しましょう。いくつかの質問を書きますので、自分の身になって考えて見てください。


相手:「もうすぐお正月ですか、早いものですね」
返答A:「お正月は何を食べますか?」
返答B:「早いですね、お正月まであと何日もないですね」
この問題はお正月について聞いている内容です。どちらもお正月について返答はしていますが、返答の内容が少し違います。ここでは「早いですね」と投げかけているわけですから、それについてどう思うか返答しなければなりません。何を食べるのかということを突然聞くのは悪くないのですが、会話としては不自然に感じます。

 

相手:「昨日やった動物のテレビ番組が面白かったけど見ましたか?」
返答A:「見てないけど、どのような番組でしたか」
返答B:「昨日は疲れていたので早く寝てしまいました」
この問題は昨日のテレビ番組について質問しています。結果的には見ていなかったので返答もそのような内容になっています。しかし、返答の仕方で話しが続く場合と、そこで終わってしまう場合に分かれます。見ていなかったけど、どんな番組だったのか逆に質問を投げかければ、会話を続けることができます。

 

相手:「この仕事はとても大変なのです」
返答A:「そんなに大変なの、頑張っているのだね、どんな仕事をしているの?」
返答B:「そりゃ仕事だから大変なのは当たり前だよ、どんな仕事をしているの?」
この問題は仕事が大変だという事に対しての返答です。相手に同情できるかがポイントになります。相手の立場に立って考えてあげることが大切になります。ですから、同情できない返答は良いとは言えません。

 


関連記事
話しを聞く・理解トレーニングの方法、人の話を聞いて理解する
話す力をつけるにはどうすればよいのか?【会話力アップを目指す】
人の話を理解するトレーニング方法【理解力の強化と会話法】
会話力で人間関係を改善する方法【会話力とコミュニケーション】
話し方の練習方法とは上達するトレーニング【話し方を上手くする練習】
話し方練習の基本と応用【話し方練習では何を話すのか】
会話術の練習と事例【会話術を実践しながら話す】
口下手を直すことは可能か【口下手を直す訓練法】
話し方CDの講座内容【話し方CDの練習効果について】
話し方の基本をマスターする【話し方の基本から応用まで学ぶ】
話し方教室のトレーニングとは【話し方教室で特訓する】
話すトレーニングでコミュニケーション力アップ【話すトレーニング方法】
会話法で聞き上手になる秘訣【会話法をマスターしよう!】
聞き上手になる話し方をマスターする【聞き上手な人になろう】
初対面の人と上手く話す秘訣【初対面の人と1分で仲良くなる】
話し方上手になる簡単な方法【話し方上手な人の会話術】
友達との話し方その1【友達との話し方を考える】
会話力を身につける【会話力で相手から好かれる人になる】