右脳トレーニングの練習方法とは【右脳と左脳を活性化させる】

サイトマップ
自己啓発プログラム
 

右脳トレーニングの練習方法とは【右脳と左脳を活性化させる】

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 右脳トレーニングの練習方法とは【右脳と左脳を活性化させる】

右脳トレーニングを行うと右脳を活性化させることができます。右脳が活性化されることで記憶力などを高めることができます。このページでは右脳トレーニングについて詳しく説明しましょう。


右脳トレーニングにはいくつかの練習方法があります。その中でもイメージトレーニングは特に効果があります。イメージとは想像することです。頭の中で何かをイメージするトレーニングです。


右脳トレーニングとイメージトレーニングは密接な関係があります。何かをイメージしているときには、右脳が働いているからです。頭の中で映像をイメージしているときには右脳が活性化しているのです。


ですから、右脳を強化するのにはイメージトレーニングは効果的なのです。ではイメージトレーニングとはどのようなことをするのでしょうか。例えば、いくつかの言葉を用意して次々にイメージしていく練習を行います。

右脳トレーニングの方法:カードイメージ練習


カードに何かをイメージできる言葉を書いてください。そのようなカードを60枚ほど用意します。このカードをランダムにかき混ぜてしまいます。そしてカードを並べて一枚一枚めくりながらイメージしていくのです。


このときに大切なのはスピードです。60枚のカードを1分程度でイメージできなければなりません。ですから1枚あたり1秒でイメージしなければなりません。これだけ早いスピードでイメージができると右脳は活性化していきます。


カードはかき混ぜてランダムにめくるので、めくられる順番も毎回ランダムになります。イメージする順番が決まっていないのもポイントです。毎回違う順番でイメージしなければならないので、右脳が更に活性化されます。

右脳の回転を早くする


できればこのような練習を早くできるようにしなければなりません。早くカードをめくって60枚をイメージできる時間を競うと更に右脳トレーニングになります。右脳トレーニングは、このように頭の中でイメージさせることが一番の練習になるのです。


このような練習はとても右脳を使うので、1セット行うのに1分くらいが丁度いいでしょう。何分もダラダラと行うと脳が疲れてしまうだけです。1分程度のトレーニングを何回も行った方が効率的に活性化します。


このような右脳トレーニングを続けていると、記憶力や速読力も高くなります。記憶力や速読力を高くするのには、右脳の活性化が必要だからです。右脳トレーニングを続けることで勉強や仕事の成績もアップするかもしれません。ですから、右脳トレーニングは毎日続けて行った方がよいでしょう。


関連記事
直感力を鍛える秘訣、直感力はアップすることができます
潜在意識を向上するCDについて、潜在意識を活性化させよう
脳トレ問題で頭のトレーニングをする【脳トレが右脳を活性化する秘密】
判断能力を知る方法【判断能力を高めるトレーニング】
潜在能力を発揮させるには【潜在能力が発揮される状況について】
説明能力を高くするには【説明能力と仕事のできる人の関係】
事務処理能力で仕事の能率アップ【事務処理能力とは何だろう】
判断力を鍛えるトレーニング【判断力を上げる練習法】
注意力を付けるには【注意力をアップさせる秘訣】
空間認知力と脳の関係について【空間認知力の機能と仕組み】
脳力開発の仕方について【脳力開発で頭の回転を良くする】
的確な状況判断をする【状況判断力を養うには】
ゲーム脳の嘘と本当【ゲーム脳が子供に与える影響とは】
脳トレーニングの正しいやり方【脳トレーニングで頭を鍛える】
左脳と右脳の機能の違い【左脳と右脳を使い分ける】
集中力を高める練習【集中力で脳を活性化させる】