速読の効果には何があるのか【速読で発揮できる能力について】

サイトマップ
自己啓発プログラム
 

速読の効果には何があるのか【速読で発揮できる能力について】

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 速読の効果には何があるのか【速読で発揮できる能力について】

速読の効果では、どのような能力が発揮できるのでしょうか。速読で潜在的な能力が発揮できるのか検証してみました。このページでは速読の効果について詳しく説明しましょう。


速読には、本を読む以外に様々な効果があります。特に理解力と記憶力の効果がアップします。文章を理解する能力が高くなるのと、覚える能力が高くなるという効果があるのです。この2つの能力を伸ばせるのは大きなメリットです。


速読は理解力を上げる効果がある


理解力とは文章を理解する能力です。速読では早く文章を理解しなければ読むことができません。ですから速読トレーニングで理解する練習を行うのですが、このような練習が理解力を高めてくれます。


理解力が高くなると同時に速読するスピードも上がるのです。もちろんスピードが上がっても本の内容はしっかりと理解できています。速読ができるのは、同時に理解する力も上がっているからなのです。


速読の効果は、記憶力を上げることにも関係しています。本を読んだときに理解しているのも勿論ですが、内容を記憶していることも重要です。速読をマスターすることで記憶力もアップすることが出来るのです。


これは右脳を活性化しているのが大きく関係しています。速読することでイメージを膨らませて右脳を活性化しています。理解するよりは見てイメージしている感じです。ですから、文章をイメージすることで右脳を活性化しているのです。


右脳を活性化することで記憶力も強化できるのです。現代人は右脳をあまり使っていないと言われています。右脳はイメージ脳とも言われますが、何かをイメージすることは生活の中であまりありません。現代人は左脳を多く使っていますが、右脳はあまり使っていないのです。


ですから、普段使っていない右脳を活性化させることで、記憶力を上げる効果もあるのです。しかもイメージで記憶する能力が上がるので、長期的な記憶力を上げることができます。


速読は長期記憶を上げる効果がある


人間には短期的な記憶力と長期的な記憶力があります。短期的な記憶力は個人差あまりかわりません。しかし、長期的な記憶力は個人差が大きいのです。長期的な記憶力を伸ばした方が、いろいろなメリットがあるでしょう。


速読効果はトレーニングを継続することで伸びていきます。速読のトレーニングでは理解力と記憶力のトレーニングを重点的に行います。このようなトレーニングは継続して行わないと意味がありません。


理解力トレーニングでは、順序の組み立て練習を行います。数字を瞬間的に見て、順番が合っているのか判断する練習です。例えば、本の中に書いた1から100までの並んだ数字を見ていきます。そのときに順番が正しく並んでいるのか判断しながら見ていくのです。


このようなトレーニングを継続すると、瞬間的に理解する能力が身についてきます。そして継続することで速読が身についていくのです。


関連記事
耳トレで能力開発する、耳トレが脳を活性化するトレーニング方法
速読の理解力とトレーニング方法、速読マスターをする秘訣とは
速読ソフト(アプリ)のドコモ携帯版を発売致しました【日本初―携帯用の速読ソフト】
速読術がマスターできた人【速読術で本を50倍速く読む】
頭の回転を速くするトレーニング【頭の回転が速い人になる】
理解力を高めて速読をしよう【理解力を付けるトレーニング方法】
速読は脳力を開発する【速読の練習で新しい脳力を開発!】
英語をマスターする方法【英語を話せる脳を開発する!】
速読法の効果はあるのか【速読法の効果を検証する】