心理とはどんな意味でしょうか?【心理を理解すること】

サイトマップ
自己啓発プログラム
 

心理とはどんな意味でしょうか?【心理を理解すること】

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 心理とはどんな意味でしょうか?【心理を理解すること】

心理とは人間の心について理解することです。心理について理解すると心の中で考えていることがよくわかります。このページでは心理について詳しく説明しましょう。


心理とは一言で説明するのは難しいですが、心理を考える事を一般的に「心理学」と言います。心理についていろいろと考えてみると面白い発見があります。なぜかと言えば人それぞれ考え方は違いますが、あることを選択するときに偏って選ぶことがあるからです。


選択結果と心理の関係


人が選択するときに偏りがでてくるのは心理に関係しています。なぜ偏りが出るのかを知ると、とても面白いでしょう。なぜならばその心理を別のことに利用できるかも知れないからです。


例えば、安い物を買いたくなる心理について考えたとします。その理由として、景気が悪くなれば収入が減ります。収入が減ると高い物を買えなくなります。高い物が買えないので、逆に安い物を買いたいという心理が働きます。


このように心理に対してはそれなりの理由があります。しかし、なぜそう思うのかを真剣に考えてみると面白い発見があるのです。心理について詳しく知りたいのであれば心理学を学ぶ方法もあります。


しかし、心理学は結構難しい用語がたくさんでてきます。そのような難しい用語がたくさん出てくる心理学を勉強したとしても現実世界ではあまり役に立たないかもしれません。


それよりも、身近にある心理を研究した方が面白い発見があるでしょう。心理について単純に考えると好きか嫌いかにわかれます。好きか嫌いかについてアンケートをとってみると面白い統計が取れます。


好きな理由と心理について


好きか嫌いかはそれこそ個人差が大きいはずです。ある芸能人について好きかどうか質問したとすれば、好きと嫌いにきっぱりと分かれると思います。どちらでもないという回答が多ければ、その芸能人はそれほど有名ではない人かもしれません。


なぜ好きなのかという理由について聞いてみると更に面白いでしょう。実は回答した本人も、なぜその人が好きなのかはっきりとした理由がない場合が多いからです。好きであるけど、何となくということが多いと思います。


あるいは好きなことに対して、後から理由を付ける場合もあるでしょう。自分が好きな理由を適当に頭で考えて「こじつけよう」とするのです。それは悪いことではありませんが、そのように考えてしまうということです。


このように人間が思っている事には、はっきりとした理由がない場合もあります。人間の心理とはそういうものだと理解してよいです。心理について詳しく知りたいのであれば、統計の結果について自分なりに考えてみるほうが理解できるでしょう。


関連記事
カウンセリングの現場と実践【カウンセリングで習うこと】
心理学とは何か【心理学から学ぶ人間心理について】
過度な緊張の原因とは【過度な緊張をする人を改善する】
心理テストでわかる本当の性格【心理テストをやってみる】
自己コントロールをマスターする【自己コントロール法の仕方】
自己イメージを変えるトレーニング【自己イメージとは何か】
深層心理と人間の行動【深層心理が人間に与える影響】