話す力をつけるにはどうすればよいのか?【会話力アップを目指す】

サイトマップ
自己啓発プログラム
 

話す力をつけるにはどうすればよいのか?【会話力アップを目指す】

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 話す力をつけるにはどうすればよいのか?【会話力アップを目指す】

話す力を高めることはできるのでしょうか。話す力はコミュニケーション能力とも大きく関係しています。このページでは話す力について詳しく説明しましょう。


話す力とコミュニケーション


話す力があるとコミュニケーションも円滑になります。周りの人とコミュニケーションが円滑になることは非常に大切なことだと思います。なぜならば、学校でも職場でも人間関係が大切だからです。


学校や職場での人間関係が良くなると様々なメリットがあります。人間関係が良くなって学校や職場が楽しくなるということです。楽しくなるとは語弊があるかもしれませんが、あなたに対しての雰囲気が良くなると考えてください。


話す力によって、あなたに対しての雰囲気が良くなるのです。ですから、話す力を高めることはとても大切なのです。そして、人間関係が良くなることで勉強や仕事もはかどることもあるでしょう。


話す力とは会話する能力のことです。会話するといっても必要な話をする能力ではありません。コミュニケーションを高める話す力を高めるということです。もっと具体的に言えば、他の人から好かれるような話ができるということです。


コミュニケーションの事例


では具体例を元に話す力について考えてみましょう。ここではいくつかの例題を出しますので考えてみてください。


問題1:あなたは職場について仕事を始めました。「おはようございます」と声をかけられました。そのときのどのように答えますか?
A:「おはようございます」と返答する
B:「○○さん、おはようございます」と返答する
挨拶でなくてもいいのですが、相手の名前を入れて話しかけることでコミュニケーションが取れやすくなります。このような場面は多くありますので、話をするときは忘れないようにしましょう。


問題2:職場でお昼ご飯の時間になりました。「昼飯でも食べに行くか」と声をかけられました。そのときの答え方です。
A:「昼飯でも食べにいきますか」
B:「昼飯はどこに行きますか?」
この回答はどちらが正解とは言えませんが、1つ大きなヒントがあります。相手から何か言われたときにAのように復唱して答えるのはコミュニケーション的によい返答と言えます。
Bの返答でも不正解ではありませんが、後で聞いてもいいような話し方です。相手の返答にそのまま答えているとは言えません。


このように、ただ漠然と会話しているのではコミュニケーションが取れないということです。コミュニケーションを取るためには、話すテクニックを身につける必要があるということです。


話す力とは1つ1つのテクニックから出来ています。それらのテクニックを会話の中で使えるように、普段から練習しなければならないのです。


関連記事
話しを聞く・理解トレーニングの方法、人の話を聞いて理解する
会話力の向上と練習方法はあるのか【会話力を上達させる秘訣とは】
人の話を理解するトレーニング方法【理解力の強化と会話法】
会話力で人間関係を改善する方法【会話力とコミュニケーション】
話し方の練習方法とは上達するトレーニング【話し方を上手くする練習】
話し方練習の基本と応用【話し方練習では何を話すのか】
会話術の練習と事例【会話術を実践しながら話す】
口下手を直すことは可能か【口下手を直す訓練法】
話し方CDの講座内容【話し方CDの練習効果について】
話し方の基本をマスターする【話し方の基本から応用まで学ぶ】
話し方教室のトレーニングとは【話し方教室で特訓する】
話すトレーニングでコミュニケーション力アップ【話すトレーニング方法】
会話法で聞き上手になる秘訣【会話法をマスターしよう!】
聞き上手になる話し方をマスターする【聞き上手な人になろう】
初対面の人と上手く話す秘訣【初対面の人と1分で仲良くなる】
話し方上手になる簡単な方法【話し方上手な人の会話術】
友達との話し方その1【友達との話し方を考える】
会話力を身につける【会話力で相手から好かれる人になる】