右脳強化とコミュニケーションの関係【コミュニケーションのトレーニング方法】

サイトマップ
自己啓発プログラム
 

右脳強化とコミュニケーションの関係【コミュニケーションのトレーニング方法】

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 右脳強化とコミュニケーションの関係【コミュニケーションのトレーニング方法】

右脳強化とコミュニケーションには大きな関係があります。コミュニケーションの力を鍛えるトレーニングで右脳を強化しましょう。このページではコミュニケーションについて詳しく説明しましょう。


右脳強化のトレーニング方法にはいろいろな方法があります。右脳を強化することでコミュニケーション能力に必要な前頭前野も強化することができるのです。ですから、右脳強化のトレーニングを続ければコミュニケーションの強化にもなるのです。


右脳強化のトレーニングはイメージを連想させる練習が多いです。なぜならば、右脳はイメージ脳とも言われていて、頭の中でイメージすることで活性化するからです。ですから、右脳を活性化させるのにはイメージトレーニングがかかせないのです。


人の名前と顔を覚える右脳トレーニング


イメージトレーニングは、いくつかの方法がありますが、簡単にできる方法を覚えましょう。まずは、人の名前と顔をイメージする練習があります。この方法は誰でも簡単にできて、しかも右脳が活性化されるのでお勧めです。


最初に誰でもいいので、人の名前を思い出してください。家族でも、親戚でも、友達でも、芸能人でも誰でもいいので人の名前を思い出します。そして、人の名前が思いついたら、その人の顔を思い出してください。


人の名前は意外と簡単に思い出せるかもしれません。でも人の顔を思い出すのは意外と難しいと感じるかもしれません。その人の顔をはっきりとイメージとして思い出すのです。


何となくイメージとして思い出すのではなく、顔をはっきりと思い出すように練習しましょう。何となくイメージするだけでは右脳はあまり活性化しませんので、はっきりとイメージするように練習しましょう。


頭をすっきりとクリアーにする


1人の顔を思い出せたら、また違う人を思い出すように練習します。このように次々と人の名前と顔を一致させるように思い出していきます。そうしていると意外と頭の中がすっきりしてクリアーになっているのが実感できるでしょう。


右脳が活性化して、更に脳全体も活性化している状態ですので、頭がすっきりと感じるのです。このように脳を活性化していくと記憶力や理解力も強化できます。もちろんコミュニケーション能力も強化されるのです。


このようなトレーニングはできるだけ毎日行った方がいいでしょう。頭の中を柔軟にする為には毎日行った方が効果的です。最初は少し難しいと感じても、毎日続けることで頭の中が柔軟になってくるのがわかるでしょう。


関連記事
性格改善法のやり方でコミュニケーション【性格を変えるにはどうすれば良いのか】
友達の作り方と増やし方【積極的に友達を増やす方法】
あがる脳の仕組みとは、なぜ人は上がってしまうのか【あがり症を治す方法】
対人関係を改善する話し方【対人関係はなぜ悪くなるのか】
緊張しない方法とは【緊張しない人と緊張する人の違い】
あがり症の人の話し方について【あがり症はなぜなってしまうのか】
性格を治す話し方について【性格を治す話し方と行動法】
人間関係を良くする会話法【人間関係を向上させる秘訣!】
赤面症を改善する方法とは【赤面症になる人とならない人】
コミュニケーション法が身につく【コミュニケーション法が上手くなる】
性格改善と意識の関係について【性格改善する仕方と練習】
コミュニケーション能力を高める【コミュニケーション能力の練習】