会話力で人間関係を改善する方法【会話力とコミュニケーション】

サイトマップ
自己啓発プログラム
 

会話力で人間関係を改善する方法【会話力とコミュニケーション】

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 会話力で人間関係を改善する方法【会話力とコミュニケーション】

会話力と人間関係には大きな関係があります。会話力を高めるにはどうすればよいのでしょうか。このページでは会話力について詳しく説明しましょう。


会話力を高めると人間関係が楽しくなります。会話力を高めることで人間関係(コミュニケーション)もうまくいくようになります。では会話力を高めるのにはどのようなトレーニングを行えばよいのでしょうか。会話力を高めるのにはまず、基礎的な会話法を覚える必要があります。


会話力の基礎にはいくつかのパターンがありますが、その中のいくつかをご紹介しましょう。ここではわかりやすいように例題を出しますので、どれが正しいのか考えてみてください。


■会話力の基礎例題1
相手の投げかけ対して、どのように返答するのが適切でしょうか。
相手:こんにちは、木村さん、今日は天気がいいですね。
返答A:こんにちは、青木さん、今日も天気がいいですね。
返答B:こんにちは、青木さん、お元気でしたか?


さてどちらが適切な返答でしょうか。どちらも不正解とはいえない返答です。しかし、よく観察してみるとこのように考えることもできます。ここでは会話力の基礎となる部分を説明していますので、これが絶対正解なわけではありません。あくまでも基礎を学ぶという観点で説明します。


相手は挨拶した後に天気の話を投げかけています。ですから、その話に対して返答するのが適切といえます。こちらも一度挨拶をしてから、天気に対して返答すれば良いのです。ですから返答Aの方が適切といえるでしょう。


返答Bは挨拶をした後に相手が元気か尋ねています。これも不正解とはいえません。実際の会話ではこのような会話も成り立つこともあります。しかし、相手が天気の話を投げかけたのですから、それに答えるような返答が望ましいことに気がつかなければなりません。


相手から見れば、天気の話を投げかけたのに、それに応えてくれなかったという不快感も与えることになるでしょう。これは天気の話に限らずにどのような場面でも同じです。


会話力の基本部分


相手の投げかけに対して、しっかりと返答するというのが会話法の基本となります。まずはそのことを覚えなければならないという問題でした。


相手が天気の話をしたら天気の話題を返答する、相手が仕事の話をしたら仕事の話を返答する、相手が趣味の話をしたらその趣味の話題を返答するということです。一見すると当たり前のように感じるかもしれませんが、これが会話力を高める為には基礎になる部分なので覚えておきましょう。


関連記事
話しを聞く・理解トレーニングの方法、人の話を聞いて理解する
会話力の向上と練習方法はあるのか【会話力を上達させる秘訣とは】
話す力をつけるにはどうすればよいのか?【会話力アップを目指す】
人の話を理解するトレーニング方法【理解力の強化と会話法】
話し方の練習方法とは上達するトレーニング【話し方を上手くする練習】
話し方練習の基本と応用【話し方練習では何を話すのか】
会話術の練習と事例【会話術を実践しながら話す】
口下手を直すことは可能か【口下手を直す訓練法】
話し方CDの講座内容【話し方CDの練習効果について】
話し方の基本をマスターする【話し方の基本から応用まで学ぶ】
話し方教室のトレーニングとは【話し方教室で特訓する】
話すトレーニングでコミュニケーション力アップ【話すトレーニング方法】
会話法で聞き上手になる秘訣【会話法をマスターしよう!】
聞き上手になる話し方をマスターする【聞き上手な人になろう】
初対面の人と上手く話す秘訣【初対面の人と1分で仲良くなる】
話し方上手になる簡単な方法【話し方上手な人の会話術】
友達との話し方その1【友達との話し方を考える】
会話力を身につける【会話力で相手から好かれる人になる】