話し方の練習方法とは上達するトレーニング【話し方を上手くする練習】

サイトマップ
自己啓発プログラム
 

話し方の練習方法とは上達するトレーニング【話し方を上手くする練習】

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 話し方の練習方法とは上達するトレーニング【話し方を上手くする練習】

話し方の練習にはいろいろな方法があります。話し方の練習をすればコミュニケーションも上手くいくでしょう。このページでは話し方の練習について詳しく説明しましょう。


話し方の練習といっても、いくつかの方法があります。その中でも事例にならって練習すると分かりやすいです。話し方とは、色々な条件の組み合わせで考える必要があります。つまり、ケースバイケースで話し方も変わってくるのです。


話し方練習では基礎が大切


その中でもいつくかの事例について考えてみるとわかりやすく理解できます。話し方のパターン(組み合わせ)はいろいろとあります。こうなったらこう話すというパターンを覚えるということです。


将棋で言えば定石を覚えるということでしょうか。相手がこう打ったらこちらはこう返すみたいな決まったパターンです。話し方もまったく同じです。相手がこう話したら、こちらはこう返答するというパターンを覚えるということです。


それでも時と場合によってはパターン通りに行かない場合もあります。そのような場合は自分で臨機応変に対応していかなければなりません。パターンとは話し方の基礎のようなものです。基礎を覚えた上で、自分で応用していくということが大切です。


話し方の練習では、基礎となる話し方のパターンを覚えていきます。それでは事例を見ながら実際に考えてみましょう。


話し方練習問題:どちらの返答が相応しいのか考えてみてください。
相手:「おはよう、昨日は疲れました。死ぬかと思いました」
返答A:「おはよう、なに朝から疲れているの、ちゃんと仕事しようよ」
返答B:「おはよう、そんなに疲れたの?昨日は何かあったの?」
さてどちらの返答が正しいと思いますか。どちらも完全に間違っているとは言えない返答です。ですから、絶対にどちらが正しいとは決められませんが、返答のポイントがわかると正解も見えてくるでしょう。

 

ここでは共感できるかがポイント


この場面では、「相手が昨日は疲れました」と言っています。そのような場面では相手に共感した返答をするのが相応しいと考えます。相手は昨日のことについてとても疲れています。それに対して少しでも共感してもらえると嬉しいと思うでしょう。


相手が共感して欲しいと思っているのなら、素直に共感するべきです。このような話し方はコミュニケーションの基礎となるので覚えておくとよいでしょう。このように話し方の練習では基礎的なパターンを覚えることが大切です。


話し方の練習として基礎的なパターンをいくつも覚えるのです。ですから、まだまだいろいろな話し方のパターンがありますが、それらをひとつひとつ覚えることが大切でしょう。


関連記事
話しを聞く・理解トレーニングの方法、人の話を聞いて理解する
会話力の向上と練習方法はあるのか【会話力を上達させる秘訣とは】
話す力をつけるにはどうすればよいのか?【会話力アップを目指す】
人の話を理解するトレーニング方法【理解力の強化と会話法】
会話力で人間関係を改善する方法【会話力とコミュニケーション】
話し方練習の基本と応用【話し方練習では何を話すのか】
会話術の練習と事例【会話術を実践しながら話す】
口下手を直すことは可能か【口下手を直す訓練法】
話し方CDの講座内容【話し方CDの練習効果について】
話し方の基本をマスターする【話し方の基本から応用まで学ぶ】
話し方教室のトレーニングとは【話し方教室で特訓する】
話すトレーニングでコミュニケーション力アップ【話すトレーニング方法】
会話法で聞き上手になる秘訣【会話法をマスターしよう!】
聞き上手になる話し方をマスターする【聞き上手な人になろう】
初対面の人と上手く話す秘訣【初対面の人と1分で仲良くなる】
話し方上手になる簡単な方法【話し方上手な人の会話術】
友達との話し方その1【友達との話し方を考える】
会話力を身につける【会話力で相手から好かれる人になる】