アルコール依存症の患者と症状【アルコール依存症の治療法について】

サイトマップ
自己啓発プログラム
 

アルコール依存症の患者と症状【アルコール依存症の治療法について】

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - アルコール依存症の患者と症状【アルコール依存症の治療法について】

アルコール依存症は、最近増加傾向にある病気のひとつです。主婦にも多く、キッチンドランカーなどとも呼ばれています。
多くの人はお酒を飲みます。時として、深酒をしてしまう人も少なくありませんが、全員がアルコール依存症というわけではありません。また、アルコール依存症の人が、全員お酒好きということもありません。アルコール依存症とは、精神的な高揚を求めて飲酒量を増やし、コントロールを失ってしまう心の病気です。


無理な我慢は、アルコール依存症を悪化させる


私たちの脳は、快感中枢(A10神経)がドーパミンによって刺激されると、快感を得ます。ドーパミンを受けるのは、快感中枢の受容体なのですが、これは刺激を受け続けるとどんどんと増えてしまうのです。最初は少ない量でも快感を得られたものが、徐々に量を増やさなければ満足できず、我慢もできなくなってしまいます。
また、ストレスを受けると、不快感を与えるノルアドレナリンが脳内に生成されます。すると脳は、不快感を和らげるため、ドーパミンを求め、精神的に高揚したいと思うのです。ストレスがアルコール依存症の原因になるといわれるのは、このためです。
さてこの快感中枢の受容体。しばらく刺激を受けないことで、再び数を減少させることができます。アルコール依存症から脱するためには、この受容体を減少させればいいのですが、単に我慢したのでは、それがストレスとなってしまいます。その結果、余計にアルコールを求めてしまい、精神的な苦痛ばかりとなり、失敗につながってしまいます。そのため、専門家の指導なく、お酒の欲求をひたすらに我慢して、アルコール依存症を脱しようとするのは、非常に難しいことなのです。


セルフコントロールを身に付けるのが最良の道


アルコール依存症の治療法には、いくつかのタイプがあります。精神科病院に通うことや、禁酒を手助けする団体でグループセラピーを受ける方法がありますが、費用が高いことや、物理的に通うことができないなどの理由で、結局治療を中断してしまう人も少なくありません。
アルコール依存症は、心の病気ゆえに、完治にはそれなりの時間がかかります。場所や時間を選ばずできるCDなどで、セルフコントロール術を身につける人も増えてきました。
また、病院で治療を受けても、最終的に必要なのはセルフコントロール。精神病院に通うことで、一旦は完治しても、再びアルコール依存症となってしまう人が大多数と言われるのは、セルフコントロール術を身につけられないからなのかもしれません。
お酒を飲みたいと思った時に、思いとどまるのは自分自身。セルフコントロールを身につけることが、永久にアルコール依存症を再発しない秘けつだと言えます。


関連記事
禁酒する秘訣と具体的な方法【禁酒を成功させる対策】
依存症の克服方法はある、依存症の治療法を解説する
ギャンブル依存症の治療にはどのような方法がある?【ギャンブルをぴたりと止める方法】
ギャンブル依存症の患者と症状【ギャンブル依存症の治療方法】
禁酒を始める人の注意点【禁酒の成功例と失敗例】
鬱病から抜け出すには【鬱病の症状と治療法について】
統合失調症とはどのような病気か【統合失調症の症状と治療法について】
アルツハイマー病の症状について【アルツハイマー病の治療法について】
うつ病になったときの対処法【うつ病とストレスの関係】
精神科病院で行う投薬治療法【精神科病院の入院と投薬について】
精神科医の治療法の種類【精神科医で行う治療について】