右脳活性化のトレーニング【右脳活性化で高められる能力】

サイトマップ
自己啓発プログラム
 

右脳活性化のトレーニング【右脳活性化で高められる能力】

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 右脳活性化のトレーニング【右脳活性化で高められる能力】

右脳活性化で高められる能力は、次のようなものがあります。芸術性、イメージ記憶、直観、創造性、瞬間記憶、潜在意識など。芸術性に関しては、多くの人が知るところかと思いますが、右脳活性化で、瞬間記憶の能力が高まるのは、少し不思議かもしれません。
右脳と左脳では、同じ記憶でも、まったく違う方法がとられます。しかも、右脳は容量が大きく、莫大な情報量を記憶しておくことができます。定期テストの一夜漬けは、左脳記憶でも対応できますが、試験範囲が広い上に、記憶してから実際に試験に回答するまでの期間が長い受験などには、絶対的に右脳を使った記憶の方が適しています。
能力アップは、単品でも十分魅力ですが、複合的に活用されることで、さらに魅力が増します。仕事で何かを閃くには、これまで蓄積してきた記憶が多い方がいいでしょうし、そこから発展した柔軟な創造力が、より斬新で新しい発想につながるはずです。また、この先の予測をすることもできるようになれば、より的確な判断ができるようにもなります。
これまでの、左脳中心に脳を使い限界を感じてきた人も、右脳活性化によって、新しい自分を発見することができます。


多くの人の右脳は未開発


右脳活性化には、トレーニングが欠かせません。なぜなら、多くの人の右脳は、未開発だからです。そして最大のポイントは、楽しみながら行うことにあります。
脳は、楽しんでいるときにはα波が出やすく、気分が乗らない時はβ波が出やすい状態になります。右脳活性化のトレーニングを効果的に行うには、脳内をα波の状態にしなければなりません。
右脳活性化トレーニングそのものを楽しめるのが一番ですが、同じようなことの繰り返しで、どうしても気分が乗ってこない時や、集中できない時は、右脳活性化した後に自分がどんな風に変われるかを想像し、目標を明確にすることで、前向きに持っていくようにしましょう。


トレーニングを習慣化して毎日取り組む


右脳活性化トレーニングは、体を鍛えるのと同じです。気が向いたときに、一気にやるのではなく、毎日継続的に行う方が、より早く身に付きます。また、夜になって、脳が疲れた状態でやっても、あまり効果は高くありません。午前中やランチタイムなど、まだ脳に疲れがたまっていない時間帯を決めて、習慣的に取り組む方がいいでしょう。
トレーニングと言っても、長い時間をかけて行わなければならないわけではありません。会社に行く時間を少しだけ早め、仕事をスタートする前に右脳活性トレーニングを行い、脳内をクリアにして仕事をスタートさせるなど、日々の生活の中に組み込み、習慣化するといいでしょう。


関連記事
脳の活性化する方法とトレーニングについて、能力を発揮する秘訣
集中力を高める方法と関係すること【集中力がアップする画期的なトレーニング】
判断力の低下の原因と脳の機能低下の原因について【判断力が鈍るのはなぜか】
自己開発する練習方法とは【自己開発で能力を高めよう】
右脳開発トレーニングの種類と効果【右脳開発で頭を柔らかくする方法】
両手を使った頭のトレーニング【両手と頭を使って能力開発しよう!】
超能力を開発する方法とは【超能力で五感の能力を高める】
左脳開発でコミュニケーション力を高める【左脳開発で人間関係を作る】
ウォーミングアップで脳を鍛える【ウォーミングアップのやり方】
パソコンと脳力の関係【パソコンを使いこなす練習方法】