暗示のかけ方を学ぶには【暗示のかけ方の基本を学ぶ】

サイトマップ
自己啓発プログラム
 

暗示のかけ方を学ぶには【暗示のかけ方の基本を学ぶ】

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 暗示のかけ方を学ぶには【暗示のかけ方の基本を学ぶ】

暗示をかけ方には、いくつかの種類があります。第三者による場合は、その人独自のやり方をもっているケースもありますし、自己暗示では、いろいろ試していくうちにオリジナルの要素が加わっていることも少なくありません。ただ共通しているのは、素直な心で暗示を受け入れる体制ができているということ。
「そんなのただの気休めに過ぎない」と思ってしまっては、意味がありません。疑いの気持ちが心にブレーキをかけ、自らいい結果を阻害してしまいます。具体的な暗示のかけ方を覚える前に、それを素直に受け入れる心の準備を整えましょう。
また、暗示を受け入れた後、自分がどんな風になりたいのかをしっかりとイメージしておくことも大切です。


暗示文を自分に言い聞かせる


では、自己暗示のかけ方を中心に、いくつかの方法を紹介しましょう。
もっともポピュラーなのは、短い暗示文を自分に言い聞かせる方法です。単語法ともよばれます。導入を含め、6~7段階を決められた順番に唱えていきます。最終段階で、なりたい自分を言い聞かせます。
少し長めの暗示文を読み上げる方法もあります。暗唱できるようになるまでは、紙を読みます。一定の口調で読み上げるのがポイントで、読み進めるうちにぼんやりした感覚になってきます。
あらかじめ録音した暗示文をガイドにする方法もあります。自分で録音しておくものもあれば、第三者の声が録音されたCDなどを聞くケースもあります。
長い暗示文は、自分で作るため、それを作成する段階で、すでに前向きな気持ちになる人もいます。暗示のかけ方以上に、この暗示文作りが重要度とも言えます。


否定的な言葉は厳禁


時として、自己暗示で唱えた言葉がいつまでも心に残ることがあります。「○○できなくなる」と否定的な言葉を用いたために、後日、それをやらなければならなくなった時、苦痛を感じることもあります。また、「○○のことを忘れる」としたために、そこに関連する記憶があいまいになってしまうこともありますので、「○○のことは気にならない」など、別の表現にするのがポイントです。
中には、「やせる」と暗示をかけたために、食事をすることに罪悪を感じ、健全な食生活が維持できず、拒食症になってしまう人もいます。暗示のかけ方によっては、思わぬ結果につながる可能性もありますので、万が一を考えた言い方をします。
暗示をかける段階では、何の疑いも持たず、想像以上に素直な状態にあります。気持ちを前向きにし、人生を楽しんでいけるような表現を使った暗示のかけ方を身に付けましょう。


関連記事
自己暗示のCD内容とは、自己暗示の効果と活用方法の説明
自己催眠術のやり方と効果、自己催眠術にかかりやすい人とかかりにくい人
暗示にかかりやすい人と、かかりにくい人【自己暗示術と催眠術】
自己催眠で自分を変える【自己催眠をマスターしよう】
自己暗示CDの内容【自己暗示CDトレーニングと講座内容】
催眠法を活用して自己啓発【催眠法の正しいやり方とは?】
催眠術で性格を改善するには【催眠術をマスターしよう!】
自己暗示術を実践して前向きになる【自己暗示術で自分を変える】
暗示と催眠でストレスを解消する【暗示と催眠を上手く活用する】
自己暗示と自己催眠について【自己暗示・自己催眠で向上する】
自己暗示ダイエットとは【自己暗示ダイエットで痩せる】
自立訓練法の仕組みとやり方【自立訓練法で自分をコントロールする】