口下手を直すことは可能か【口下手を直す訓練法】

サイトマップ
自己啓発プログラム
 

口下手を直すことは可能か【口下手を直す訓練法】

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 口下手を直すことは可能か【口下手を直す訓練法】

「私は口下手で」と悩んでいる人は決して少なくありませんが、そもそも口下手とそうでない人の違いはなんでしょうか?
話し方教室の講師の中には、「その違いはない」と言い切る人もいます。「自分の言いたいことを、どんなシーンでも話せる人はごく一握りしか存在せず、ある意味、ほとんどの人が口下手」というのがその先生の主張。「口下手を直すには、話し方を変えるのではなく、苦手意識をなくせばいい」というのです。
確かに、少人数での会話では雄弁に話せる人が、大勢の前に立つと、まるで別人のようにたどたどしい話し方になってしまったり、特定の人の前で、何も言えなくなったりするシーンを見かけます。
つまり、口下手かどうかは、自分が「話が苦手だ」と思っていることから発生する思い込みで、口下手を直すには、その思い込みをなくすことが大切なのかもしれません。


口数が多ければいいというものではない


とはいえ、口下手を直したいと思っている人に、「それは思い込みに過ぎない」といっても、何の解決にもなりません。自分で、「口下手が直った」と思えるように方向付けることが大切です。
口下手だと思っている人は、話がうまい人を見て、雄弁に話さなければ物事や意見が伝わらないと思っている傾向が強くあります。確かにスピーチや演説が上手な人はいますが、だからと言って、その人たちが皆、聞いている人全員の心を打っているかと言えば、疑問が残ります。
例えば政治家の中には、討論がうまい人がいます。テレビなどで公開討論会をすると、誰よりもたくさんの発言をしますが、実際にテレビが終わってみて、「あの人の発言に賛同する」と思うのは、別の人ということが多いのではないでしょうか。大切なのは、誰よりもたくさん話をしたり、上手に話をしたりすることではないのです。
うまく話そうと思うあまり、「変な話し方だと思われたらどうしよう」「何とか上手に話さなくては」と自分にプレッシャーをかけることが口下手を直すことの最大の弊害です。まずはその思い込みから脱するようにしましょう。


最大のポイントは慣れ


以上のことを自分に言い聞かせ、次にやるべき口下手を直すコツは、"慣れ"です。いきなり大勢の前で話をするのは確かに難しいかもしれません。聞く人の数が多ければ、それだけ緊張も倍増してしまいます。
でもだからこそ、少人数での会議の中では、自ら発言し、慣れていくことが大切です。聞き役に回っていた人も、ぜひ積極的に発言してみてください。「意外に伝わっているのだな」と自覚するまで、そう長い時間はかからないはずです。口下手を直すのは、テクニックではなく心がけです。


関連記事
話しを聞く・理解トレーニングの方法、人の話を聞いて理解する
会話力の向上と練習方法はあるのか【会話力を上達させる秘訣とは】
話す力をつけるにはどうすればよいのか?【会話力アップを目指す】
人の話を理解するトレーニング方法【理解力の強化と会話法】
会話力で人間関係を改善する方法【会話力とコミュニケーション】
話し方の練習方法とは上達するトレーニング【話し方を上手くする練習】
話し方練習の基本と応用【話し方練習では何を話すのか】
会話術の練習と事例【会話術を実践しながら話す】
話し方CDの講座内容【話し方CDの練習効果について】
話し方の基本をマスターする【話し方の基本から応用まで学ぶ】
話し方教室のトレーニングとは【話し方教室で特訓する】
話すトレーニングでコミュニケーション力アップ【話すトレーニング方法】
会話法で聞き上手になる秘訣【会話法をマスターしよう!】
聞き上手になる話し方をマスターする【聞き上手な人になろう】
初対面の人と上手く話す秘訣【初対面の人と1分で仲良くなる】
話し方上手になる簡単な方法【話し方上手な人の会話術】
友達との話し方その1【友達との話し方を考える】
会話力を身につける【会話力で相手から好かれる人になる】