性格を治す話し方について【性格を治す話し方と行動法】

サイトマップ
自己啓発プログラム
 

性格を治す話し方について【性格を治す話し方と行動法】

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 性格を治す話し方について【性格を治す話し方と行動法】

人は、第一印象で最初のイメージを作りますが、次の段階では、話をした印象でそのイメージを完成させます。「第一印象はイマイチだったけど、話してみたらいい人だった」とはよく聞くセリフです。
話し方はその人の性格をあらわします。かわいい印象の人でも、性格が悪ければ、会話をした途端に本性をばらすことになってしまいます。逆に言えば、話し方を変えれば、その人の性格も変わるということです。
これまで無口だった人が饒舌になれば、「明るくなった」と評価は一変します。性格を治したいと思っている人は、ぜひ、話し方を変えてください。話し方を変えれば、新しい人間関係もでき、本当に性格を治すことができます。
話し方から感じとれるマイナスな印象の性格は、「暗い」「気難しい」など、口数が少ないことに起因するものと、「めんどくさい」「絡みづらい」など、口数が多い故にマイナスに思われてしまうものがあります。


口数が少ないからこそ会話の主導権を握る


口数が少ない原因は、性格の暗さや引っ込み思案なことが多いでしょう。自分から話しかけるのが苦手で、話しかけられても短い返答しかできず、話が続かないことが多いはずです。
こういったケースでは、受け身の会話から自分主体の会話にシフトすることで、人と関わりやすくなり、性格を治すことにもつながります。
自分主体の会話とは、何も自分がべらべらと話すことを指すのではありません。無口な人であっても、自分の得意分野や興味のあることであれば、会話もしやすいはず。話のきっかけを自分から作ることで、自分が会話に参加しやすい関係を作るのです。自分の投げかけをベースに人の輪が広がってくれば、それを楽しむこともできるようになり、性格を治すことにもつながります。


質問をして反応を見ながら相手を理解する


逆に、口数は多いのに、仲間が増えない人もいるでしょう。それは、会話が一方通行なことが原因です。会話はコミュニケーションの手段ですから、双方向でなければ意味がありません。話を一方的に聞くのは苦痛を伴うものです。相手の反応を見ながら話を進めるよう心がけます。
そのためのコツは、質問。「私はこう思うけど、あなたはどう?」と聞くようにします。すると、相手も遠慮なく話すことができる上、どんな考えを持っているのかも知ることができます。後の会話は、その返答を受けたものにすることで、双方向のコミュニケーションが可能になり、会話の幅はさらに広がることになり、ひとりよがりの性格を治すのにも役立ちます。
性格を治すには、人との関わりの中で取り組むのが一番です。ぜひ仲間を増やしながら、楽しく性格を治していってください。


関連記事
性格改善法のやり方でコミュニケーション【性格を変えるにはどうすれば良いのか】
友達の作り方と増やし方【積極的に友達を増やす方法】
あがる脳の仕組みとは、なぜ人は上がってしまうのか【あがり症を治す方法】
右脳強化とコミュニケーションの関係【コミュニケーションのトレーニング方法】
対人関係を改善する話し方【対人関係はなぜ悪くなるのか】
緊張しない方法とは【緊張しない人と緊張する人の違い】
あがり症の人の話し方について【あがり症はなぜなってしまうのか】
人間関係を良くする会話法【人間関係を向上させる秘訣!】
赤面症を改善する方法とは【赤面症になる人とならない人】
コミュニケーション法が身につく【コミュニケーション法が上手くなる】
性格改善と意識の関係について【性格改善する仕方と練習】
コミュニケーション能力を高める【コミュニケーション能力の練習】