話し方の基本をマスターする【話し方の基本から応用まで学ぶ】

サイトマップ
自己啓発プログラム
 

話し方の基本をマスターする【話し方の基本から応用まで学ぶ】

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 話し方の基本をマスターする【話し方の基本から応用まで学ぶ】

自分の話し方に自信がない人が多いようですが、話し方の基本をマスターすることで、自信がつき、物事を伝えやすくなります。小手先のテクニックに走る前に、まずは話し方の基本を知ることから始めましょう。


「自分が言いたいこと」をしっかり自分で理解する


まず、意外に忘れがちなひとつのポイントから考えましょう。
それは、「何を言いたいのかを自分で知る」ということ。そんなの、分かっているに決まっていると思う人もいるかと思いますが、これを分かっていないために、苦労している人が意外に多いのです。
誰かの話を聞いて、「結局、何が言いたいのか分からなかった」と思ったことはありませんか?
自分が話をしているうちに、話の終わりが見えなくなったことがありませんか?
これらのケースは、自分自身で何を言いたいのかを理解していないために起こる現象です。この場合、どんなに会話術を身につけても意味がありません。
まずは「自分が言いたいこと」。そして、それを伝えるために、一緒に伝えるべきことを、しっかり頭の中でイメージするようにしてください。大勢を前に話す時には、紙に書き出しておくことも大切です。


表情やしぐさにも配慮を忘れない


では、話し方の基本です。
話の順番は、結論が先で、説明が後です。時系列で話をする人が多いのですが、これでは肝心の結論を聞くまでに時間がかかり、相手を不安にさせてしまいます。結論を伝えることで、その後に話す説明も理解してもらいやすくなります。
ポイントは2~3点に絞ります。たくさん並べ立てることで、間延びして、内容は伝わりにくくなります。「四の五の言わない」といいますが、これは内容が4点あるのはすでに多いということです。また、話し始めに、「ポイントは3点です」と伝えると、相手は聞く姿勢を整えてくれます。
話し方の基本に、声の大きさもあります。少し大き目を心がけ、特に文末をしっかり言い切ります。最後の方が消えてしまう人がいますが、これは自信がない印象を与えます。相手の顔をしっかり見て、最後までしっかり伝えます。
また、言葉以外の部分でも意志が伝わります。アイコンタクトや笑顔はその代表で、他にもしぐさや姿勢などにも気を配ります。
緊張のあまり表情にまで気が回らない人もいますが、真顔は怒っているように見えたり、つまらなそうな表情に見えたりする人も多いので要注意です。笑顔を作るのが難しくても、口角を上げるだけでも、やさしい印象になります。鏡の前で練習してみるといいでしょう。
「話をする時には、相手を見る」と言いますが、あまりに直視して、何度も目が合うと気まずい印象を与えます。あごやネクタイの結び目のあたりを見ると自然で、目が合うこともないので、安心です。
他にもいろいろありますが、たくさん考え過ぎると、肝心の話しに集中できなくなってしまいます。話し方の基本は、経験を積むほどに身に付きます。積極的に話をする姿勢を忘れないようにしましょう。


関連記事
話しを聞く・理解トレーニングの方法、人の話を聞いて理解する
会話力の向上と練習方法はあるのか【会話力を上達させる秘訣とは】
話す力をつけるにはどうすればよいのか?【会話力アップを目指す】
人の話を理解するトレーニング方法【理解力の強化と会話法】
会話力で人間関係を改善する方法【会話力とコミュニケーション】
話し方の練習方法とは上達するトレーニング【話し方を上手くする練習】
話し方練習の基本と応用【話し方練習では何を話すのか】
会話術の練習と事例【会話術を実践しながら話す】
口下手を直すことは可能か【口下手を直す訓練法】
話し方CDの講座内容【話し方CDの練習効果について】
話し方教室のトレーニングとは【話し方教室で特訓する】
話すトレーニングでコミュニケーション力アップ【話すトレーニング方法】
会話法で聞き上手になる秘訣【会話法をマスターしよう!】
聞き上手になる話し方をマスターする【聞き上手な人になろう】
初対面の人と上手く話す秘訣【初対面の人と1分で仲良くなる】
話し方上手になる簡単な方法【話し方上手な人の会話術】
友達との話し方その1【友達との話し方を考える】
会話力を身につける【会話力で相手から好かれる人になる】