右脳開発トレーニングの種類と効果【右脳開発で頭を柔らかくする方法】

サイトマップ
自己啓発プログラム
 

右脳開発トレーニングの種類と効果【右脳開発で頭を柔らかくする方法】

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 右脳開発トレーニングの種類と効果【右脳開発で頭を柔らかくする方法】

右脳と言えば、アート脳と呼ばれるように、芸術的な分野をつかさどる脳です。
ただ、絵を描いたり、音楽を作ったりする能力だけがあるわけではありません。物事をイメージとして記憶し、想像力を働かせてひらめきを生む他、瞬間記憶や潜在意識なども、右脳の重要な働きです。
つまり、右脳を効率よく働かせることで、より柔軟な発想ができるようになるのです。
そこで重要なのが右脳開発トレーニング。
「絵を描くのは苦手で」などと言う人もいるでしょうが、右脳開発トレーニングは、芸術家を育成するためのものではありませんので、絵を描くわけではありません。ご安心を。
最近は、ゲーム感覚で行うものも増えているので、楽しく進めていくといいでしょう。


音読やゲームの活用が効果的


もっとも簡単なのは、音読ではないでしょうか。学校では何度も繰り返した音読は、目で見た情報を口から伝達するという2つの動作を同時に行います。音読用の書籍なども発行されていますが、新聞や雑誌など、文章は身近にいくらでもあります。とりあえず、声に出して読んでみるといいでしょう。
また、右脳開発トレーニングを目的に開発されたゲームもたくさんあります。一般的に、「頭の体操」などと呼ばれているもので、PSPやニンテンドーDSなどのゲーム機がなくても、携帯電話やパソコン用のものもたくさんあります。
たくさんのカードの中から、サンプルと同じものを探しだしたり、たくさん並ぶボールの中で、一番多い色を選びだしたりなど、とても簡単なゲームになっているので、右脳開発トレーニングだからと気負わなくても大丈夫。楽しみながら能力アップにつながるのですから、最高かもしれません。


高速トレーニングは、効果も高速?!


また、最近注目されているものに、高速トレーニングというのがあります。クラシックや英会話など、これまでも普通に耳にしてきたものを、2倍速や3倍速など、とにかく高速で聞くというもの。中には、32倍速という超高速のものもあります。(どこまで意味があるかは分かりませんが)
右脳開発トレーニング用としても販売されていますし、ビジネスで英会話をスピーディに身につけたい人の実用CDとしても販売されています。
例えば英会話の高速CDは、最初は何を言っているのかまったく理解できません。普通のスピードで再生しても聞きとれないのに、高速で再生するのですから、ある意味当然のことなのかもしれません。右脳がジーンとするような変な感覚があるのですが、聞き終わった後にはなぜかスッキリした感覚がある上に、普通のスピードで再生した英会話は、「うそでしょ??」と言うほどに、クリアに聞き取ることができるようになっているから不思議です。


関連記事
脳の活性化する方法とトレーニングについて、能力を発揮する秘訣
集中力を高める方法と関係すること【集中力がアップする画期的なトレーニング】
判断力の低下の原因と脳の機能低下の原因について【判断力が鈍るのはなぜか】
右脳活性化のトレーニング【右脳活性化で高められる能力】
自己開発する練習方法とは【自己開発で能力を高めよう】
両手を使った頭のトレーニング【両手と頭を使って能力開発しよう!】
超能力を開発する方法とは【超能力で五感の能力を高める】
左脳開発でコミュニケーション力を高める【左脳開発で人間関係を作る】
ウォーミングアップで脳を鍛える【ウォーミングアップのやり方】
パソコンと脳力の関係【パソコンを使いこなす練習方法】