左脳開発でコミュニケーション力を高める【左脳開発で人間関係を作る】

サイトマップ
自己啓発プログラム
 

左脳開発でコミュニケーション力を高める【左脳開発で人間関係を作る】

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 左脳開発でコミュニケーション力を高める【左脳開発で人間関係を作る】

左脳と右脳が違う役割を果たしていることは、みなさんご存じでしょう。
左脳は、論理的思考をする役割を果たし、コミュニケーションをする上で、絶対に必要なものです。つまり、コミュニケーション力を高めるためには、左脳開発が不可欠です。
例えば右脳には、たくさんの映像データが記憶されています。それまでに出会った人の顔や姿、行ったことのある場所や風景を覚えていて、知人を見かけた時や知っている風景に出合った時に、「○○を発見!」と知らせます。でも左脳はたくさんの情報を処理しているので、その能力が低いと、右脳からの情報を効率よく処理することができません。つまり、どんなに右脳が発達していても、左脳開発ができていなければ、意味がないということです。いやむしろ、右脳の能力を台なしにしてしまう可能性すらあるのです。


理解力の差は左脳にあり


コミュニケーションの多くは、言葉や文字によって行われます。実際に会って話をする時や電話では言葉を聞き、メールや文書では、文字を認識します。言葉を聞き、文字を見るのは右脳にもできる役割ですが、そこに意味を見出して理解し、発展させるのは左脳の得意分野です。
同じことを聞いても、その理解力に違いがあり、それを実際に役立たせる能力に違いが出るのは、左脳の能力差が大きく関係しています。特に日本人は、物事をストレートに伝えず言葉の裏を読んだり、感じとったりする能力が重要です。つまり、コミュニケーション力を高めるには、左脳開発が重要という図式が成り立つのです。


メールを読み解く左脳の力


特に最近は、パソコンや携帯電話が発達し、文字によるコミュニケーションが重要となってきています。若い人が使う"顔文字"は、厳密にいえば"絵"ではありません。文字を組み合わせて絵のように仕上げたものです。中には、それを見た時、「これは何?」と理解できないものも少なくありません。実際に顔文字を見慣れている若い層に比べ、年齢の高い人は理解できる顔文字が圧倒的に少ないものです。
さらに、文字の中に絵文字を組み込み、そこに意味を込めるのも、若い人には当然のコミュニケーション手段です。好きという気持ちを伝えるのにハートマークを使い、焦っていることを表現するのに汗の絵文字を使えば、それで十分に気持ちが伝わるのです。
これらを理解するには、左脳が十分に働かなければ難しいこと。年を重ねた人が、左脳開発できていないというわけではありませんが、新しく発達したメールを使ったコミュニケーションに役立つ左脳開発を、積極的に行う必要性があるのは否めません。


関連記事
脳の活性化する方法とトレーニングについて、能力を発揮する秘訣
集中力を高める方法と関係すること【集中力がアップする画期的なトレーニング】
判断力の低下の原因と脳の機能低下の原因について【判断力が鈍るのはなぜか】
右脳活性化のトレーニング【右脳活性化で高められる能力】
自己開発する練習方法とは【自己開発で能力を高めよう】
右脳開発トレーニングの種類と効果【右脳開発で頭を柔らかくする方法】
両手を使った頭のトレーニング【両手と頭を使って能力開発しよう!】
超能力を開発する方法とは【超能力で五感の能力を高める】
ウォーミングアップで脳を鍛える【ウォーミングアップのやり方】
パソコンと脳力の関係【パソコンを使いこなす練習方法】