ウォーミングアップで脳を鍛える【ウォーミングアップのやり方】

サイトマップ
自己啓発プログラム
 

ウォーミングアップで脳を鍛える【ウォーミングアップのやり方】

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - ウォーミングアップで脳を鍛える【ウォーミングアップのやり方】

スポーツをする時は、必ず準備運動などのウォーミングアップをします。いきなりダッシュをしたり、ボールを投げると、いつも通りにできないどころか、故障の原因になったりします。軽いジョギングをする時でも、事前のストレッチをするのとしないのとでは、疲れ方に違いが出ます。
脳を鍛える時にも同じことが言えます。能力開発を効率よく行うためには、脳のウォーミングアップが必要で、ここに少しの時間をかけることで、その後の脳トレーニングをより効果的なものにし、能力発揮がしやすくなります。


誰にでもできる簡単なものを集中してやる


脳のウォーミングアップだからと言って、特別に難しいことをやる必要はありません。ジョギングの前が軽いストレッチであるように、誰でもできるもので十分です。
例えば、100マス計算。1ケタの足し算や引き算は、小学校の1年生で習う計算の基本ですが、これを集中してやることで、脳のウォーミングアップができます。
また、音読も最適です。難しい文章や長い文章ではなく、自分が好きな小説や詩で十分です。ブツブツと唱えたり、黙読をしたりするのではなく、自分の耳にしっかり声が聞こえる大きさで読んでください。
前向きになれる短い文章をいくつか言えば、テンションも上がって、さらにいい状態にウォーミングアップできます。
英会話のCDを聞くのも有効です。難しいものである必要はありません。頭の中で、しっかり日本語訳や英訳をしながら聞くようにしてください。
意外なものでは、折り紙を折るのもいいでしょう。手を使うことは、脳の活性化にとても有効なことです。しかも、集中しなければ、キレイに織り上げることができませんので、脳のウォーミングアップに向いているのです。


簡単だからウォーミングアップは続けられる


このように、脳のウォーミングアップは、身近で簡単なことを短時間に集中して行います。簡単だからこそ、すぐに集中することができるのです。難しいことには、なかなか集中しにくく、ウォーミングアップには適していません。
それまでのオフモードの脳をオンモードに気に替え、フル稼働しやすくするためのウォーミングアップですから、テレビを見ながらでは意味がありません。「次にはあれをやって、その次はどうして」と、余計なことを考えるのもいただけません。短時間のことですから、徹底して集中するようにします。
また、時間は1分から、長くても10分までで終えるものにしてください。人の集中力は、1時間程度しかもちません。ウォーミングアップに1時間かけてしまうと、それで集中力が切れてしまいますので、ご注意を。


関連記事
脳の活性化する方法とトレーニングについて、能力を発揮する秘訣
集中力を高める方法と関係すること【集中力がアップする画期的なトレーニング】
判断力の低下の原因と脳の機能低下の原因について【判断力が鈍るのはなぜか】
右脳活性化のトレーニング【右脳活性化で高められる能力】
自己開発する練習方法とは【自己開発で能力を高めよう】
右脳開発トレーニングの種類と効果【右脳開発で頭を柔らかくする方法】
両手を使った頭のトレーニング【両手と頭を使って能力開発しよう!】
超能力を開発する方法とは【超能力で五感の能力を高める】
左脳開発でコミュニケーション力を高める【左脳開発で人間関係を作る】
パソコンと脳力の関係【パソコンを使いこなす練習方法】