英語をマスターする方法【英語を話せる脳を開発する!】

サイトマップ
自己啓発プログラム
 

英語をマスターする方法【英語を話せる脳を開発する!】

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 英語をマスターする方法【英語を話せる脳を開発する!】

最近は、新入社員の採用基準にTOEICの点数を組み入れる企業が増えてきました。グローバル化が叫ばれる中で、英語をマスターしているのは当然という日が迫っているのかもしれません。
多くの人が、最初に英語に触れるのは、学校の授業です。単語と文法を覚えることこそ、英語マスターの基本というイメージを植えつけられた結果、何年も勉強したにも関わらず、実際には話せるようになっていないというのが現状ではないでしょうか。
英語を話すとき、多くの人の頭の中では、次のようになっています。
まず英語を聞いて、頭の中で日本語に訳し、今度は自分が伝えたい日本語を英語に訳し、声に出す。このため、英語を理解するのにどうしても時間がかかってしまい、実用性が乏しくなります。さらに、日本語で思い浮かべたことを英語に訳す中で、知らない単語が出てしまい、そこにつまずきが生まれます。このような勉強法では、英会話ができるようになっても、実用に時間がかかり、生きた英語をマスターしたとは言えません。


集中力を持って聞けば、耳が慣れる


今も昔も、英語をマスターする教材はたくさんありますが、特に新しく、注目すべきなのは次の2種類かと思います。
ひとつは、「聞き流すだけ」という点を特徴にした教材。そして、日本語を英語に訳すのではなく、英会話で話す時には、頭の中も英語で考える習慣をつけるというものです。
まずひとつめの、聞き流すタイプについて。
「英語は一般社会にいくらでもあるし、いつも聞き流している状態では?」と思う人もいるかもしれませんが、ここでいう"聞くだけ"と、日常でただ聞き流している状態には大きな違いがあります。それは、集中力。英語をマスターしたいという強い信念を持って英語を聞いていくと、自然に聞き分けられるようになり、それを音ではなく、言語として認識できるようになっています。"習うより慣れろ"という言葉があるように、耳が慣れてくると苦手意識もなくなり、英語を特別な存在と感じることなく、自然に受け入れられるようになります。そして、いつの間にか、たくさんのことを理解できるようになっているのです。


思考も英語にして、矛盾をなくす


そしてもうひとつが、英会話の時は、頭の中も英語で考えるタイプ。
誰でも英語より日本語の方がたくさんの単語を知っているので、日本語を英語に訳す段階で、無理がでてくるのは当然です。そこで、頭の中も英語で考えるようにすれば、その無理がなくなります。
不思議なことに、ごく少ない単語しか知らなくても、思考は成り立ちます。そして、もっといろいろなことを考えたいと思うため、英単語を自然に身につけることができるのです。
中には5カ国語を話せると言う人もいますが、そんな人は、話す言語に合わせて頭もその言語で考えているそうです。その方が考える時間も短く、混乱もしないとか。
ここで大切なのは、いつも考えている日本語での思考を意識的に止めること。もちろん、完全になくすことはできませんが、集中力を持つことで、誰もができるようになります。英語をマスターしたいと思ったら、こういった脳の思考方法を変えるのが近道でしょう。


関連記事
耳トレで能力開発する、耳トレが脳を活性化するトレーニング方法
速読の理解力とトレーニング方法、速読マスターをする秘訣とは
速読の効果には何があるのか【速読で発揮できる能力について】
速読ソフト(アプリ)のドコモ携帯版を発売致しました【日本初―携帯用の速読ソフト】
速読術がマスターできた人【速読術で本を50倍速く読む】
頭の回転を速くするトレーニング【頭の回転が速い人になる】
理解力を高めて速読をしよう【理解力を付けるトレーニング方法】
速読は脳力を開発する【速読の練習で新しい脳力を開発!】
速読法の効果はあるのか【速読法の効果を検証する】