会話法で聞き上手になる秘訣【会話法をマスターしよう!】

サイトマップ
自己啓発プログラム
 

会話法で聞き上手になる秘訣【会話法をマスターしよう!】

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 会話法で聞き上手になる秘訣【会話法をマスターしよう!】

会話は、複数の人が好き勝手にしゃべっているわけではありません。話のやり取りで成立しています。会話法は、いろいろありますが、簡単にいえば、話のやり取りをスムーズにする方法です。
一方的に話を聞くのは、実に退屈で、意外に大変な作業です。学校の授業で眠くなってしまうのは、そのためです。
会話上手、話し上手は、聞き上手だと言われます。相手の話をよく聞き、適度な相槌を打ち、合の手を入れることで、相手はますます話がしやすい状況になります。
ときとして、絡みづらいと言われる人がいますが、彼からは典型的な聞き下手さん。相手の話をきちんと聞くことができないため、返答がずれてしまい、会話が長く続かないのです。


繰り返しが基本の明石家さんまさんの会話法


一番簡単で、誰でもできる方法は、明石家さんまさんの会話法だと言われます。話が面白く、テレビでも引っ張りだこの彼の会話法が、とても簡単とは少し驚きですが、それを極めることで、誰もがあの地位を確立できる可能性を持っているのですから、身につけて損はありません。
明石家さんまさんの番組に出演するのは、素人だったり、女優さんだったりと、あまり話すことが得意ではないケースも多くあります。それでもさんまさんは、上手に話を聞き出し、楽しい番組に仕上げるのです。
明石家さんまさんの代表的な会話法です。

ゲスト:「彼と散歩をしていたら、大きな犬に会ったんです」
さんま:「彼とのデート中かぁ。え~やん。ほんで、犬に会ったんやな。で?」
ゲスト:「その犬が、とにかく真っ白で、キレイで」
さんま:「真っ白な犬。ええやないかい。それで?」

これを見て変わるように、基本は復唱です。多少の言い替えはあっても、基本はそのまま繰り返しているにすぎません。でも、この会話法では、相手は「自分の話を聞いてくれている」という実感があり、次の話がしやすくなるのです。


聞き上手が話を盛り上げる


上記の例を見て分かるように、会話を弾ませるポイントは、相手の話を聞くことにあります。話をする側としては、相手が興味を持って聞いてくれているかどうかが気になりますので、キチンと聞いて、楽しんでくれていると思えば、次々と話をしたくなるのです。つまり、聞き上手が、究極の会話法ということです。
会話法とは、覚えてしまえば簡単で、誰にでもできるものがほとんどです。とても難しく、特別なスキルを必要とするものの方が少数です。
また、こういった会話法があることを知ることで、自分に自信がつき、話がしやすくなり、その時間を楽しめるようになります。円滑な人間関係のためにも、ぜひ簡単な会話法を身につけてください。


関連記事
話しを聞く・理解トレーニングの方法、人の話を聞いて理解する
会話力の向上と練習方法はあるのか【会話力を上達させる秘訣とは】
話す力をつけるにはどうすればよいのか?【会話力アップを目指す】
人の話を理解するトレーニング方法【理解力の強化と会話法】
会話力で人間関係を改善する方法【会話力とコミュニケーション】
話し方の練習方法とは上達するトレーニング【話し方を上手くする練習】
話し方練習の基本と応用【話し方練習では何を話すのか】
会話術の練習と事例【会話術を実践しながら話す】
口下手を直すことは可能か【口下手を直す訓練法】
話し方CDの講座内容【話し方CDの練習効果について】
話し方の基本をマスターする【話し方の基本から応用まで学ぶ】
話し方教室のトレーニングとは【話し方教室で特訓する】
話すトレーニングでコミュニケーション力アップ【話すトレーニング方法】
聞き上手になる話し方をマスターする【聞き上手な人になろう】
初対面の人と上手く話す秘訣【初対面の人と1分で仲良くなる】
話し方上手になる簡単な方法【話し方上手な人の会話術】
友達との話し方その1【友達との話し方を考える】
会話力を身につける【会話力で相手から好かれる人になる】