聞き上手になる話し方をマスターする【聞き上手な人になろう】

サイトマップ
自己啓発プログラム
 

聞き上手になる話し方をマスターする【聞き上手な人になろう】

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 聞き上手になる話し方をマスターする【聞き上手な人になろう】

会話をする時、片方が聞き上手だと話が盛り上がります。共に話好きの場合、われ先にと話し、時に相手の話の腰を折ることになってしまいます。もしくは、一見、とても盛り上がっているように見えても、話の内容は噛み合っておらず、中身のない会話になってしまうケースやそのためにストレスをためてしまうこともあります。
スムーズな会話ができるようになりたいと思うと、どうしても「何をどんな風に話せばいいんだろう」と話すことに注意が向きがちですが、実は聞き上手になるのが、一番いい方法です。


ちょっとした違いが会話をスムーズにする


では、聞き上手な人とそうでない人の違いを見てみましょう。

パターン1
A:「週末は、何をして過ごしていますか?」
B:「バイクが趣味なのでツーリングに行くことが多いですね」
A:「そうですか。楽しそうですね」

パターン2
A:「週末は、何をして過ごしていますか?」
B:「バイクが趣味なのでツーリングに行くことが多いですね」
A:「バイクがお好きなのですね。どなたとツーリングに行かれるのですか?」

 どちらの場合も、相手を否定していませんが、パターン1では、次に話す内容をBさんが考えなければなりません。話好きな人なら次々にバイクの話をしてくれるでしょうが、あまりよく知らない関係の時は、「もしかして、バイクには興味がないのかも」と心配しながら話をしなければなりません。これでは、Bさんにとっても、負担となってしまいます。これは、聞き上手とは言えません。
一方、パターン2は、次の会話の糸口をAさんが作っているので、Bさんは、それに答えればいい状態で、とても楽です。しかも最初に「バイクがお好きなのですね」と復唱しているので、話を聞いてくれている安心感がありますから、話がしやすくなっているはずです。ちょっとした違いですが、こちらは聞き上手だといえるでしょう。


ポイントは、共感と次への投げかけ


聞き上手の話し方のポイントは2つです。
相手に共感し、話に興味があることを伝えること。そして、次の会話につながる投げかけをすること。こう書いてしまうと、とても難しいことのように思いますが、前例で紹介したように、そんなに難しいことではありません。
共感と興味を伝えるには、相手の話したことの一部を繰り返せばいいのです。前例でいえば、「バイクが趣味」という会話に、「バイクがお好きなのですね」と返したイメージです。
次の会話につながる投げかけも、難しく考える必要はありません。ツーリングから想像できるのは、「どこに行くか?」、「誰と行くのか?」、「どんなバイクに乗っているのか?」、「いつぐらいからバイクに乗っているのか?」などいくつでも考えられるはずです。あれこれ考えるのではなく、ツーリングという会話から最初に連想したことを聞けば十分です。


関連記事
話しを聞く・理解トレーニングの方法、人の話を聞いて理解する
会話力の向上と練習方法はあるのか【会話力を上達させる秘訣とは】
話す力をつけるにはどうすればよいのか?【会話力アップを目指す】
人の話を理解するトレーニング方法【理解力の強化と会話法】
会話力で人間関係を改善する方法【会話力とコミュニケーション】
話し方の練習方法とは上達するトレーニング【話し方を上手くする練習】
話し方練習の基本と応用【話し方練習では何を話すのか】
会話術の練習と事例【会話術を実践しながら話す】
口下手を直すことは可能か【口下手を直す訓練法】
話し方CDの講座内容【話し方CDの練習効果について】
話し方の基本をマスターする【話し方の基本から応用まで学ぶ】
話し方教室のトレーニングとは【話し方教室で特訓する】
話すトレーニングでコミュニケーション力アップ【話すトレーニング方法】
会話法で聞き上手になる秘訣【会話法をマスターしよう!】
初対面の人と上手く話す秘訣【初対面の人と1分で仲良くなる】
話し方上手になる簡単な方法【話し方上手な人の会話術】
友達との話し方その1【友達との話し方を考える】
会話力を身につける【会話力で相手から好かれる人になる】