やる気がでる方法と対策【やる気を出す秘密を教えます】

サイトマップ
自己啓発プログラム
 

やる気がでる方法と対策【やる気を出す秘密を教えます】

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - やる気がでる方法と対策【やる気を出す秘密を教えます】

「やる気満々。燃えている」
「些細なことで、やる気がうせた」
「やる気にさえなればできる」
やる気を使ったセリフは、よく耳にしますが、何だか抽象的で、ぼんやりしたもののような気がします。一体、"やる気"とはどんなものでしょうか?
やる気とは、何かを達成し、やり遂げるための動機づけです。
「○○ができるようになると、うれしい」という内的動機づけもあれば、「□□を達成できれば、報酬がもらえる」などの外的動機づけもあります。
目標達成までの道のりは長く、精神的にも肉体的にも辛いことがあるかもしれません。途中でいろいろな誘惑もでてくるでしょう。それでも、動機づけの方が強い時は、やる気が先行し、一心不乱に前進できます。でも、動機づけが弱ければ、やる気がなくなり、目標達成のための前進を止めてしまったり、後回しにしてしまったりするのです。


やる気は脳で作られる


やる気は、自分を高めるために大切なものです。「やる気になれば、何でもできる」というのは大げさな表現ではありません。例え、最初に掲げた目標を達成することができなくても、その過程で得るものも多く、人はその経験を積み重ねていくことで成長していくのです。逆にやる気がなければ、新しいことを経験することもなく、一歩も前に進みません。そんな状態では成長もなく、つまらない人生を送ることを否定できません。
では、やる気を出し、長く持ち続けるためには、どうすればいいのでしょうか?
やる気は、脳で作っている(作られている)ものです。つまり、脳をコントロールして、やる気を起こし、継続させればいいのです。
私たちの脳は、とても優秀な半面、騙されやすい特徴もあります。オリンピック選手は、試合に臨む前に、悠々と競技する自分の姿を思い浮かべ、表彰台に立って歓喜に沸く姿を脳にインプットします。そして実際に競技をスタートすると、脳はすでに経験済みの成功体験と信じ、もう一度歓喜を得ようとするのです。


やる気のコツは、強いイメージと言い聞かせ


同じような方法でやる気もコントロールすることができます。例えば、その目標を見事に達成し、得られた報酬で、前から欲しかったものを購入している自分の姿を想像し、そのイメージを膨らませます。そして脳に言い聞かせるのです。目標達成できれば、こんなにも幸せな気分になれる。こんなにもハッピーなことはない、と。
実際にスタートしてみると、いろいろな誘惑があなたを脇道にそらせようとするかもしれません。でもそんな時は、喜んでいる未来の自分を想像し、再びやる気を奮い立たせます。「今横道にそれるより、がんばった方がもっと大きな喜びを味わえる」と。
そして、この習慣を続け、何度も成功体験を積み重ねていくと、横道への誘惑もなくなり、つねにやる気に満ち溢れる自分に持っていくことができます。


関連記事
自己啓発の目標を作る!目標達成の仕方【自己啓発の事例】
お金持ちの条件とは何があるのでしょうか?【お金持ちになる為の条件】
強運を付ける考え方【強運の人がやっている成功法】
積極性を養うトレーニング【積極性はどこから出てくるのか】
モチベーションを上げる方法【モチベーションがアップする】
三日坊主でも続けられるコツ【三日坊主な人でも続けられる】
成功する人がやっている法則【成功する人に共通する法則があった!】
積極的に仕事をする【積極的に効率よく仕事をするには】
チャレンジ精神を養うには【チャレンジ精神の鍛え方】
プラス思考で考えられる人とは【プラス思考で行動できる人とできない人】
直感力を身につける【直感力が高い人と低い人】
人間力とはどのような意味か【人間力があれば成功する】
運を掴む考え方【運を掴む物の考え方ができる人になろう】
目標を達成する手帳の使い方【目標を達成する為に必要なこと】