催眠術で性格を改善するには【催眠術をマスターしよう!】

サイトマップ
自己啓発プログラム
 

催眠術で性格を改善するには【催眠術をマスターしよう!】

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 催眠術で性格を改善するには【催眠術をマスターしよう!】

性格を変えるのは簡単なことではありません。ただ、催眠術を使えば、ムリなく改善することが可能です。
性格は、先天的なもので、変えようがないと思っている人が多くいます。でも実は、性格には2種類あり、先天的な部分と後天的な部分に分けることができます。そして、性格の大部分は、幼い頃からの経験や親の影響により形成された後天的なもの。つまり、改善することが可能なものなのです。
では、性格改善になぜ催眠術がいいのでしょうか。
後天的な性格は、潜在意識の影響を受けています。潜在意識は、私たちが意識したりコントロールしたりできないもの。性格は変えられないと思っている人が多いのは、潜在意識への理解が十分でないためだと思われます。
この意識レベルを超えた潜在意識に直接働きかけるには、同じように意識レベルを超えた催眠術しかないのです。


催眠術とは、潜在意識に直接働きかけること


例えば、人との関わりに苦手意識を持っていて、どうしても心を開けない人がいるとします。その原因を探っていくと、幼い頃にいじめを受け、人間不信になっていたことで、心に大きな傷を作っていることが分かりました。
このような場合、どんなに「友達が欲しいから、どんどん自分から話をしていこう」と思っても、潜在意識の中に眠る、いじめの暗い過去や不信感が邪魔をし、実際に自分から積極的に話をすることはできません。
そこで催眠術では、「いじめのことは水に流そう。世の中には、いい人の方がたくさんいるから、どんどん話をしていこう」と言い聞かせます。そうすることで、人への不信感が消え、積極的な行動ができるようになります。
また、虐待の連鎖を止めることも可能です。愛するわが子に虐待をする親は、自分も幼い頃、親から虐待を受けていたケースが多いものです。その忌々しい記憶が、望まないはずの虐待に向かわせ、自分への失望と後悔を生んでいます。このようなケースでも、催眠術により、「つらい過去は切り捨て、自分は子供に暴力を振るわないで、幸せになろう」と言い聞かせます。
このように催眠術は、目に見えている性格の部分ではなく、その原因に働きかけることができるため、心を軽くし、性格を改善することができるのです。


1人でできる自己催眠


催眠術は、催眠術師の手を借りなくても、トレーニングを積むことで、自分に催眠術をかけることができるようになります。自己催眠や自己暗示と言われるものです。性格改善だけでなく、能力開発や自己啓発、ストレスからの解放など、いろいろな作用が期待できますので、楽しい人生を送るために、トレーニングしてみることをお勧めします。


関連記事
自己暗示のCD内容とは、自己暗示の効果と活用方法の説明
自己催眠術のやり方と効果、自己催眠術にかかりやすい人とかかりにくい人
暗示にかかりやすい人と、かかりにくい人【自己暗示術と催眠術】
暗示のかけ方を学ぶには【暗示のかけ方の基本を学ぶ】
自己催眠で自分を変える【自己催眠をマスターしよう】
自己暗示CDの内容【自己暗示CDトレーニングと講座内容】
催眠法を活用して自己啓発【催眠法の正しいやり方とは?】
自己暗示術を実践して前向きになる【自己暗示術で自分を変える】
暗示と催眠でストレスを解消する【暗示と催眠を上手く活用する】
自己暗示と自己催眠について【自己暗示・自己催眠で向上する】
自己暗示ダイエットとは【自己暗示ダイエットで痩せる】
自立訓練法の仕組みとやり方【自立訓練法で自分をコントロールする】