統合失調症とはどのような病気か【統合失調症の症状と治療法について】

サイトマップ
自己啓発プログラム
 

統合失調症とはどのような病気か【統合失調症の症状と治療法について】

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 統合失調症とはどのような病気か【統合失調症の症状と治療法について】

統合失調症とは、あまり聞き慣れない病名だと思う方もいることでしょう。この名前は2002年までは精神分裂病と言われていました。
統合失調症は、脳内のさまざまなことをまとめ上げる(統合する)ことができなくなってしまう脳の病気。ここでいう様々なこととは、思考や感情を指します。その結果、現実と非現実の世界の区別がつきにくくなってしまいます。
具体的には、誰もいないはずなのに人の声が聞こえ、ひとりで話しをしたり、悪口を言われているように感じ、周りの人を疑ってしまったりします。
決して珍しい病気ではなく、人口の1%がこの病気だと言われています。まだ顕著な症状がでていない予備軍も含めると、もっと多くの人がいるものと思われます。きっと表面化していないだけで、統合失調症に悩んで人がいると思って間違いありません。
残念なことに、精神科への誤解や偏見や根強く、気になる症状があっても、病院に行きにくいと思っている人もまだ少なくありません。通院することで随分と楽になれますので、「統合失調症かな?」と思ったら、気軽に心療内科やメンタルクリニックなどを受診することをお勧めします。


分かりやすい陽性症状と見落としがちな陰性症状


統合失調症の陽性症状と呼ばれるものには、幻覚や妄想などがあります。実際にはないものが見えたり、聞こえたりする症状です。特に、悪口のように、自分にマイナスなことが聞こえる幻聴が多くみられます。また、普通ならあり得ないと思うようなことを信じてしまうこともあります。周りの人に常に見張られ、悪口を言われていると思う被害妄想がその代表です。
にわかには理解しがたい症状もありますが、本人は常に厳しい環境に置かれているのです。時には、夜通し耳元で誰かに囁き続けられ、眠れないこともあるほどです。
統合失調症には、陰性症状もあります。意欲が低下し、何事にも興味を示さなくなるものです。こちらは目立ちにくい症状のため、周りが統合失調症と気づかず、見逃してしまうこともあります。


治療は薬物で。周りのサポートが必須


統合失調症の治療は、症状が重く、陽性症状が著しいときは入院治療となりますが、そうでないときは抗精神薬による治療で症状をコントロールします。ただし、長期の服用が必要です。初期段階では、陽性症状が注目されますが、症状が治まるにつれ、陰性症状がでてくることもあります。目立つ症状ではなく、見逃しがちなので注意が必要です。実はこの陰性症状の方が、社会復帰の弊害となることもあるので、専門医の指示を受け続けることが必要です。
患者は孤独を感じることが多く、それがストレスとなり、治癒の弊害となってしまうため、周囲のサポートは欠かせません。


関連記事
禁酒する秘訣と具体的な方法【禁酒を成功させる対策】
依存症の克服方法はある、依存症の治療法を解説する
ギャンブル依存症の治療にはどのような方法がある?【ギャンブルをぴたりと止める方法】
アルコール依存症の患者と症状【アルコール依存症の治療法について】
ギャンブル依存症の患者と症状【ギャンブル依存症の治療方法】
禁酒を始める人の注意点【禁酒の成功例と失敗例】
鬱病から抜け出すには【鬱病の症状と治療法について】
アルツハイマー病の症状について【アルツハイマー病の治療法について】
うつ病になったときの対処法【うつ病とストレスの関係】
精神科病院で行う投薬治療法【精神科病院の入院と投薬について】
精神科医の治療法の種類【精神科医で行う治療について】