精神科病院で行う投薬治療法【精神科病院の入院と投薬について】

サイトマップ
自己啓発プログラム
 

精神科病院で行う投薬治療法【精神科病院の入院と投薬について】

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 精神科病院で行う投薬治療法【精神科病院の入院と投薬について】

精神科病院など、心の病気に使う薬というと、精神安定剤と睡眠薬と考えがちですが、実はいろいろな種類があります。精神科病院などで使われる薬を「向精神薬」と言います。
以前の向抗精神薬は、体への負担が大きいのもの多く、さらに服用期間が長期に渡るため、心に加え、体のバランスも悪化させていましたが、最新の研究により薬の種類が増加。効果的に処方すれば、健康を必要以上に害することなく薬での治癒を目指せるようになっています。
最近は、向精神薬を内科で処方してもらう人も増えています。多くは、以前に精神科病院などで処方してもらっていた人が、通院が面倒になったなどの理由で内科に行き、処方してもらっているようですが、過剰摂取などのトラブルにもつながりますので、精神科病院などに通院し、専門医の診断の上で処方された薬を飲むようにしましょう。


向精神薬は、専門医の処方で


精神科病院で処方される薬をいくつか紹介します。
抗精神病薬 精神安定薬とも言われ、精神病に一般的に処方される代表的な薬
抗不安薬 精神安定薬で、不安感を減少させます
抗うつ薬 うつ病の薬
抗躁薬 躁状態を改善する薬。炭酸リチウムが一般的。過剰摂取で意識障害を起こす。
気分安定薬 躁うつ病の気分の起伏を抑える。
精神刺激薬 眠気を取り、気分を高揚させる。うつ病の患者にはあまり処方されなくなった。
*「向精神薬」は精神薬の総称で、上記の薬はこの中に含まれます。

向精神薬は、薬の飲み合わせや個人差により、血中濃度に違いが出てきます。副作用があるものが多いので、血中濃度を測りながらの処方が必要なものもあります。また、どの薬を処方するかは、医師の考え方によるところも大きく、他の精神病患者にうつ病の薬を処方する等、いろいろなパターンがあります。

精神科=隔離病棟ではない


精神科病院の入院は、本人の判断能力や重症度、緊急性によっていくつかに分類されています。中には本人の同意がなくても強制的に入院させることもありますが、実際には他の病気同様、本人の同意の元、入院するのが一般的です。
精神科病院の多くには、閉鎖病棟があります。重度の患者が入院するだけでなく、病状を把握し切れていない入院初期の患者が入ることもあります。カミソリなどの刃物やベルトなどの長いものの持ち込みは認められません。他の病棟や屋外とつながるドアは何重にもロックされており、売店に行くこともできず、患者はその病棟の中でのみ生活することとなります。
精神科病院の特長のひとつに、日中はパジャマではなく、普通の服を着せるところが多いようです。体が病気なわけではないので、当然のことという考えのようです。
誤解のないようにしたいのは、"心の病気=隔離病棟"というわけではなく、ごく普通の病室で日々を過ごす患者さんがたくさんいるので、構えすぎる必要はありません。さすがに、数日とは行きませんが、数週間で退院する人も少なくないので、医師に勧められた時は、早い治癒のためにも、入院するのが一番です。


関連記事
禁酒する秘訣と具体的な方法【禁酒を成功させる対策】
依存症の克服方法はある、依存症の治療法を解説する
ギャンブル依存症の治療にはどのような方法がある?【ギャンブルをぴたりと止める方法】
アルコール依存症の患者と症状【アルコール依存症の治療法について】
ギャンブル依存症の患者と症状【ギャンブル依存症の治療方法】
禁酒を始める人の注意点【禁酒の成功例と失敗例】
鬱病から抜け出すには【鬱病の症状と治療法について】
統合失調症とはどのような病気か【統合失調症の症状と治療法について】
アルツハイマー病の症状について【アルツハイマー病の治療法について】
うつ病になったときの対処法【うつ病とストレスの関係】
精神科医の治療法の種類【精神科医で行う治療について】