脳力開発の仕方について【脳力開発で頭の回転を良くする】

サイトマップ
自己啓発プログラム
 

脳力開発の仕方について【脳力開発で頭の回転を良くする】

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 脳力開発の仕方について【脳力開発で頭の回転を良くする】

能力開発することで、仕事や勉強の効率を上げ、成功を手にしたいと考える人が増えました。
脳には、右脳と左脳があり、私たちが勉強や仕事で使っているのは、主に左脳です。両者は、違う役割を担っているため、本来であれば両方をバランスよく使ってこそ、最高のパフォーマンスが発揮できるのですが、実際に右脳のもつ能力を使いこなしている人は、非常に少ないのが現状です。自転車で言えば、片方がフル稼働しているのに、もう一方はスローに動いている状態。これを、両輪ともにフル稼働できるようにすれば、スピードアップなど、いろいろな能力がアップするのは間違いありません。


最近の注目は、速読と速聴


では、能力開発にはどのようなものがあるのでしょうか?
今一番注目を集めているのは、速読ではないでしょうか。速読トレーニングを行うことで、ただ文字を早く読むだけにとどまらず、記憶力や集中力、理解力も高まります。しかも、トレーニング内容も分かりやすく、気軽に取り組める能力開発法として定着しつつあります。
同じく、スピードアップすることで能力開発を効果的に行っているものとして、速聴があります。音声や音楽を普通の何倍ものスピードで再生し、それを聞きとるトレーニングです。2倍速、3倍速くらいであれば、最初から何とか聞きとれるという人もいますが、それ以上になると、何かの呪文のようにしか聞こえません。これが、トレーニングを積むことで、正しく聞き取れるようになります。
この手法は、英会話の効果的な習得方法としても活用されています。倍速の英会話を聞くことで、普段の英会話がスローに感じ、思考に余裕ができ、スムーズな英会話ができるようになることを狙ったもので、かなりの人気を博しているものもあります。
他にも、記憶力を高めるものや潜在意識に働きかけることによって目標達成への意欲を向上させるもの等、実にたくさんの方法があみだされています。


ひとつひとつを着実に身に付ける


このように能力開発には、いろいろな方法がありますが、大切なのは、あれもこれもと移り気にならず、ひとつひとつを着実に身につけていくことです。
速読のトレーニングによって、他の能力開発も可能になるように、いろいろな能力は深い関わりあいを持っています。あれもこれもとやって、能力向上の実感がわかず、途中で挫折してしまうより、ひとつのことを集中して身につける方が、ずっと意味があります。多くの能力を向上させたいと思うのであれば、マイペースでも着実にステップアップしいく道を選ぶべきなのです。


関連記事
直感力を鍛える秘訣、直感力はアップすることができます
潜在意識を向上するCDについて、潜在意識を活性化させよう
右脳トレーニングの練習方法とは【右脳と左脳を活性化させる】
脳トレ問題で頭のトレーニングをする【脳トレが右脳を活性化する秘密】
判断能力を知る方法【判断能力を高めるトレーニング】
潜在能力を発揮させるには【潜在能力が発揮される状況について】
説明能力を高くするには【説明能力と仕事のできる人の関係】
事務処理能力で仕事の能率アップ【事務処理能力とは何だろう】
判断力を鍛えるトレーニング【判断力を上げる練習法】
注意力を付けるには【注意力をアップさせる秘訣】
空間認知力と脳の関係について【空間認知力の機能と仕組み】
的確な状況判断をする【状況判断力を養うには】
ゲーム脳の嘘と本当【ゲーム脳が子供に与える影響とは】
脳トレーニングの正しいやり方【脳トレーニングで頭を鍛える】
左脳と右脳の機能の違い【左脳と右脳を使い分ける】
集中力を高める練習【集中力で脳を活性化させる】