チャレンジ精神を養うには【チャレンジ精神の鍛え方】

サイトマップ
自己啓発プログラム
 

チャレンジ精神を養うには【チャレンジ精神の鍛え方】

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - チャレンジ精神を養うには【チャレンジ精神の鍛え方】

チャレンジ精神は、随分昔から大切だと言われながら、多くの人が持つことのできないもののひとつです。チャレンジ精神を持ち、トライすることで新しい何かを得ることができ、成長するのは分かっているのですが、実際には、そのトライが成功することより、失敗に終わることの方が多いのが現実。失敗が心に傷を作り、チャレンジ精神よりも、自分が傷つかないことの方を選んでしまうのです。
でもやはり、自分の成長には、チャレンジ精神を持って、前進することが大切。なぜなら、"失敗は成功の母"なのですから。


引き下がっていては、何の変化もない


では、どうすればチャレンジ精神を養うことができるのでしょうか?
チャレンジ精神を発揮しようとするときの、心の動きを考えてみましょう。
例えば、あなたがコックだったとします。そして、これまでにない新しい料理法を思いつきました。それは、今までにない斬新なものです、絶対に多くの人に「おいしい」と言ってもらえる自信があります。でも、それを商品化するには、店長に提案して合格をもらわなければなりません。しかし店長は保守的な考え方の持ち主で、斬新なものを受け入れたことがありません。こんなとき、あなたならどうしますか?
自信があるから提案したいというのがチャレンジ精神。でも、提案しても却下されるだろうと考えれば、チャレンジ精神は萎えてしまいます。実際これまでに、何度も却下されてきたとすれば、なおさらです。わざわざ傷つきたくないし、ムダに終わることがわかっているのに、あれこれ考えるのは、ただの時間の無駄だと考えるかもしれません。
でもここで引き下がっていては、何の変化もないのです。


頭を使って変化球で勝負する


「ムダに終わるかもしれない。それでもトライしてみたい」
そう考え、実際に行動するには、まず頭を使います。ただやみくもに直球勝負をしても、簡単に打ち砕かれるのはこれまでの経験で分かっているのですから、変化球を投げることを考えます。保守的な考えの店長ならば、「一見斬新に見えるこの料理が、実は伝統を重んじた結果から生まれた、古くて新しい料理だ」と説明すれば、興味を持ってもらえるかもしれません。
先に遊び玉を投げることも大切かもしれません。他の料理もあわせて提案し、比較することで、その料理の素晴らしさを実感してもらうのです。
このように、チャレンジ精神を生かすには、ただ直球を投げる勇気だけでなく、それを成功させるための技術が大切になるのです。つまり、頭を使って考えるということです。
それは決して簡単なことではありませんが、この考える過程こそ何より重要で、この作業が成長を高めてくれます。
そして、提案が失敗に終わったらこう考えるのです。「提案の過程で学んだことを、次に活かそう」と。失敗したからと言って、傷つく必要はありません。学んだことが多くあるはずですから。
この考え方が、いつまでもチャレンジ精神を持ち続ける、最大の秘けつです。


関連記事
自己啓発の目標を作る!目標達成の仕方【自己啓発の事例】
お金持ちの条件とは何があるのでしょうか?【お金持ちになる為の条件】
強運を付ける考え方【強運の人がやっている成功法】
積極性を養うトレーニング【積極性はどこから出てくるのか】
やる気がでる方法と対策【やる気を出す秘密を教えます】
モチベーションを上げる方法【モチベーションがアップする】
三日坊主でも続けられるコツ【三日坊主な人でも続けられる】
成功する人がやっている法則【成功する人に共通する法則があった!】
積極的に仕事をする【積極的に効率よく仕事をするには】
プラス思考で考えられる人とは【プラス思考で行動できる人とできない人】
直感力を身につける【直感力が高い人と低い人】
人間力とはどのような意味か【人間力があれば成功する】
運を掴む考え方【運を掴む物の考え方ができる人になろう】
目標を達成する手帳の使い方【目標を達成する為に必要なこと】