プラス思考で考えられる人とは【プラス思考で行動できる人とできない人】

サイトマップ
自己啓発プログラム
 

プラス思考で考えられる人とは【プラス思考で行動できる人とできない人】

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - プラス思考で考えられる人とは【プラス思考で行動できる人とできない人】

人生を楽しんでいる人は、プラス思考の持ち主です。何事にも動じることなく、プラスにとらえることができれば、思い悩むこともなく、安心して毎日を送れます。悩むことは、立ち止まることですから、悩まなければ、常に前に進んでいけることになります。ぜひプラス思考を身につけてください。


思考の違いは、その後の行動に影響する


分かりやすい例を紹介しましょう。
新築の家の引っ越しの手伝いに行きました。Aさんの家に棚を運び込もうとした時、手元が狂い、壁紙にこすれキズがついてしまいました。Aさんは、その傷をさすり、「違う方向から入れれば、こうはならなかったかもなぁ」といつまでも後悔していました。
同じくBさんも家を新築しました。棚を運ぼうとして手元が狂い、大きな傷を作ってしまいました。Bさんは、「やっちゃったなぁ」と笑いながら、こう言ったそうです。「これで、残りの作業にあまり気を使わなくてよくなった。さすがに、こんな大きな傷はもうできないだろうからなぁ」と。
この後、Aさん宅では、手伝いに行った皆が気を遣いながら作業をすることになり、時間ばかりがどんどん過ぎていきます。家具や壁に気を遣い、Aさんに気を遣い、誰もが大きな疲労感の中で作業をしました。
一方Bさん宅では、「気をつけろよ」と声を掛け合いながら、作業は急ピッチで進み、あっという間に引っ越しが完了。新築の家で、最初の打ち上げをしました。
さて、すでにお分かりのように、Aさんはマイナス思考。Bさんはプラス思考の持ち主です。似た現象が起こりましたが、結果はまったく違いました。Aさんの家に行った人は、後味が悪くなりましたが、Bさんの方は、気分よく終えたはずです。
みなさんだったら、どちらに手伝いに行きたいですか?
聞くまでもありませんね。


後に引かないことが、いい結果につながる


ここで考えたいのは、どちらのケースも、"壁が傷ついた"という現象はすでに起こってしまったもので、プラスに考えようと、いつまでも気にかけようと、その事実は変わらないということです。くよくよ悩むことで、壁の傷がなくなるなら別ですが、どうしようもないことを気にかけ、その後の作業まではかどらなくなってしまったのでは、まったく意味がありません。
現象が変わらないのなら、それはそれとして受け入れるしかありません。大切なのは、それを後に引かないことであり、逆にバネにできれば、もっと素晴らしいことです。プラス思考の人は、こういった原状分析ができ、次の行動に活かすのがうまい人。
プラス思考を手に入れたいと思えば、物事を違った角度から見る習慣をつけ、原状分析力を身につけることから始めてください。


関連記事
自己啓発の目標を作る!目標達成の仕方【自己啓発の事例】
お金持ちの条件とは何があるのでしょうか?【お金持ちになる為の条件】
強運を付ける考え方【強運の人がやっている成功法】
積極性を養うトレーニング【積極性はどこから出てくるのか】
やる気がでる方法と対策【やる気を出す秘密を教えます】
モチベーションを上げる方法【モチベーションがアップする】
三日坊主でも続けられるコツ【三日坊主な人でも続けられる】
成功する人がやっている法則【成功する人に共通する法則があった!】
積極的に仕事をする【積極的に効率よく仕事をするには】
チャレンジ精神を養うには【チャレンジ精神の鍛え方】
直感力を身につける【直感力が高い人と低い人】
人間力とはどのような意味か【人間力があれば成功する】
運を掴む考え方【運を掴む物の考え方ができる人になろう】
目標を達成する手帳の使い方【目標を達成する為に必要なこと】