人間力とはどのような意味か【人間力があれば成功する】

サイトマップ
自己啓発プログラム
 

人間力とはどのような意味か【人間力があれば成功する】

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 人間力とはどのような意味か【人間力があれば成功する】

人間力という言葉が使われるようになったのは比較的最近のことで、その定義はあまり明確になっていません。「人間の持っている力」と考えるのであれば、例えば体力や学力も人間力といえるというのがその理由のようです。ただ、明確になっていないというのは、学術的な見地からの話であり、社会では、ごく普通に使われるようになりました。
ここでいう人間力とは、ひとりの社会人として立派に生きていくための力であり、他の人と関わったり、動かしたりする力です。その人の人間性による部分も大きく、学校では決して学ぶことができないものだとも言えます。


人間力は、周りの人を動かす力や影響力


人間力が高い人は、1人の人として立派に生きることができます。つまり、成功者だということです。
成功者は、たくさんの人と関わり、多くの人を巻き込む力をもっています。どんなに優秀な能力を持っていても、他人と関わっていけないのでは、成功者にはなれません。人間力とは、周りの人を動かす力や影響力だと言えるのです。
あなたの周りにいる人間力の高い人を思い浮かべてください。その人は、誰よりも優れた魅力を持っている半面、いまひとつ優れているとは言えない部分もあるのではないでしょうか?
ここもポイントだと言えます。人間力は、総合的なものであり、すべてが優秀でなければならないものではないのです。


長所や魅力を磨いていくこと


では、人間力を向上するには、どうすればいいのでしょうか?
先にも述べたように、人間力は総合的な能力です。つまり、すべてが完璧でなければならないということはなく、他の人に比べて劣っているところがあっても問題ないということです。その欠点をカバーする魅力があれば、それはなかったことにできてしまう。それが人間力です。
これは見方を変えれば、誰にでも人間力向上のチャンスがあるということ。自分の長所や魅力を冷静に見極め、それをブラッシュアップしていけば、周りの人に一目置かれるような人になり、成功者になれる可能性をもっているのです。
さらに、長所を伸ばすことで、欠点がなくなっていきます。あまり成績がよくない人が、テストの点を伸ばしたいと思った場合、苦手な教科を中心に勉強するのと、得意な教科を中心に勉強するのとでは、どちらの方が好成績になると思いますか?
結果は、あきらかに後者。がんばって苦手を普通レベルにしても、大した伸びにはなりません。心にはストレスが残り、せっかく得意だった教科も伸び悩んでしまいます。
ところが、得意な教科を中心にした場合、ストレスもなく、むしろ楽しみながら勉強することができ、さらに成績が伸びることで自信もつき、脳も活性化され、いつのまにか苦手な教科への理解も深まっているのです。
人間力を磨くには、とにかく自分の長所に注目してください。そしてそれを、誰よりも高いレベルにもっていくこと。それが総合力を高める正攻法です。


関連記事
自己啓発の目標を作る!目標達成の仕方【自己啓発の事例】
お金持ちの条件とは何があるのでしょうか?【お金持ちになる為の条件】
強運を付ける考え方【強運の人がやっている成功法】
積極性を養うトレーニング【積極性はどこから出てくるのか】
やる気がでる方法と対策【やる気を出す秘密を教えます】
モチベーションを上げる方法【モチベーションがアップする】
三日坊主でも続けられるコツ【三日坊主な人でも続けられる】
成功する人がやっている法則【成功する人に共通する法則があった!】
積極的に仕事をする【積極的に効率よく仕事をするには】
チャレンジ精神を養うには【チャレンジ精神の鍛え方】
プラス思考で考えられる人とは【プラス思考で行動できる人とできない人】
直感力を身につける【直感力が高い人と低い人】
運を掴む考え方【運を掴む物の考え方ができる人になろう】
目標を達成する手帳の使い方【目標を達成する為に必要なこと】