運を掴む考え方【運を掴む物の考え方ができる人になろう】

サイトマップ
自己啓発プログラム
 

運を掴む考え方【運を掴む物の考え方ができる人になろう】

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 運を掴む考え方【運を掴む物の考え方ができる人になろう】

世の中には、強運の人と、運に恵まれない人がいます。でもこれは、間違った考え方。"運を掴む"という言葉が示すように、運は自分で意識的に掴むものであり、何もせず、勝手にめぐってくるものではありません。
強運の人は、"運を掴む"という表現を好みますが、そうでない人は、"運がない""運に見放された""運が巡ってこない"などと言います。これらはどれも、自分から行動を起こすときの表現ではありません。これが、運を掴む人になれない現状を表しているのではないでしょうか。


運は偶然巡ってくるものではない


運を掴むかどうかは、その人の考え方によるところが多いのです。もちろん、人には力が及ばない、偶然としか思えない運の巡りあわせがあります。でも、考えてみてください。2009年のワールドベースボールクラシック決勝戦で、一打逆転の場面でバッターボックスに立ったのは、イチロー選手です。あの場面でイチローに打順を回すことを計算していた人はいません。まさに偶然。ですが、イチロー選手には、同じような偶然の場面が何度もめぐってきているのです。これはイチロー選手だけではありません。スポーツ以外のジャンルの人でも、強運で成功を手に入れた人はたくさんいるのです。
これらのことを考えても、運は偶然に巡ってくるだけではないと考えるのが妥当だと思います。運は、引き寄せて掴むもの。こう考えるのがピッタリではないでしょうか。


自信と向上心が運を引き寄せる


運とは、心の持ち方や考え方で、掴むことが可能です。
"運がない"のではなく、見えていないだけ。
"運に見放された"のではなく、寄せ付けないようにしているだけ。
"運が巡ってこない"のではなく、せっかくの運を見逃しているだけ。
そう考えるのが正しいのです。
強運と言われる人の多くは、自信に満ち溢れており、物事を意欲的にこなします。向上心にあふれ、自分を高めたいと思い、そのための行動に手を抜きません。その前向きさが、運を引き寄せます。そして、確実にその運を掴むのです。
運がないと思っている人は、どこか後ろ向きです。そのため、せっかくの運を見逃したり、掴むことができなかったりします。普段から自分を磨き、能力を高めていれば掴むことができたはずなのに、それを怠ったために、せっかくのチャンスを掴めないこともあるでしょう。そして、それを繰り返すうちに、チャンスに気づかなくなり、「私には運がない」と嘆くのです。本当は自分がその環境を作っているのに。
強運を掴む人になれるかどうかは、自分の心次第。運を引き寄せ、自分で掴むと強く念じ、そのための努力を怠らなければ、あなたにも必ず、大きな運がやってきます。


関連記事
自己啓発の目標を作る!目標達成の仕方【自己啓発の事例】
お金持ちの条件とは何があるのでしょうか?【お金持ちになる為の条件】
強運を付ける考え方【強運の人がやっている成功法】
積極性を養うトレーニング【積極性はどこから出てくるのか】
やる気がでる方法と対策【やる気を出す秘密を教えます】
モチベーションを上げる方法【モチベーションがアップする】
三日坊主でも続けられるコツ【三日坊主な人でも続けられる】
成功する人がやっている法則【成功する人に共通する法則があった!】
積極的に仕事をする【積極的に効率よく仕事をするには】
チャレンジ精神を養うには【チャレンジ精神の鍛え方】
プラス思考で考えられる人とは【プラス思考で行動できる人とできない人】
直感力を身につける【直感力が高い人と低い人】
人間力とはどのような意味か【人間力があれば成功する】
目標を達成する手帳の使い方【目標を達成する為に必要なこと】