心理テストでわかる本当の性格【心理テストをやってみる】

サイトマップ
自己啓発プログラム
 

心理テストでわかる本当の性格【心理テストをやってみる】

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 心理テストでわかる本当の性格【心理テストをやってみる】

誰もが経験したことのある心理テスト。何を聞かれているのか分からないまま素直に答えると、「そんな風に考えているんだ」とニヤリとされ、焦った記憶を持っている人も少なくないでしょう。
さまざまな心理テストを実際にやってみると、「当たっている」とか、「見透かされたみたい」と思ったことも多いのでは?
一見、何の関係性もない心理テストから、心の奥が見透かされてしまうのは何故でしょうか。それは、私たちが普段意識することがない、潜在意識が深く関わっているからです。


潜在意識が答えを導く


心理テストでは、一定のシチュエーションが与えられ、そこで「何を考える(想像する)か?」「どのように感じたか?」「どんな行動をとるか?」などの質問を投げかけられます。
ここで働くのは、想像力と潜在意識。つまり、右脳がフルに働いて答えを導くこととなります。
私たちの行動の中には、潜在意識によって起こしていることがたくさんあります。例えば、お酒に酔って、記憶もあいまいなのに、ちゃんと家に帰っているのは、潜在意識のおかげです。いつも決まった道を通るのに、一生懸命に道順を考え、迷わないようにしている人はいません。そのため、酔っ払っても、自然に帰宅することが可能なのです。
また、同じ題材を与えられても、人によって出す答えが違います。ひとりの女性を見て、「好みだ」と言う人もいれば、「嫌いなタイプだ」という人もいます。これも、好みのほか、これまでの経験が潜在意識の中にインプットされていて導き出される答えです。
心理テストで聞かれる答えには、潜在意識が大きく関わっています。思わぬ心の奥底を見透かされてしまうのは、そう言った理由があるのです。
また、心理テストをする時に必ず言われる、「直感で答えてください」というフレーズ。これも、潜在意識から導かれる答えを知るためのもの。時間をかけると、本心ではなく、建て前や理想の答えを導いてしまいます。それでは本心を見破ることにつながりません。


心理テストは、心理学に基づいたものを


「でも心理テストの中には、まったく当たらないのもある」と思われる方もいらっしゃるでしょう。
心理テストは本来、心理学に精通した人が、厳密な計算と予測の元に作るものですが、どうしてもコストがかかってしまいます。そのため、雑誌やWEBで紹介されている心理テストの中には、ライターや編集者など、心理学を学んでいない人が作ってしまうケースも少なくありません。そのため、「ぜんぜんあってない」と言う結果を生んでしまうのです。
誰かの深層心理を知るために、心理テストをしたいと思う人は、ぜひ心理学者やカウンセラーなど、心理学に精通した人の作成した心理テストを活用してください。


関連記事
心理とはどんな意味でしょうか?【心理を理解すること】
カウンセリングの現場と実践【カウンセリングで習うこと】
心理学とは何か【心理学から学ぶ人間心理について】
過度な緊張の原因とは【過度な緊張をする人を改善する】
自己コントロールをマスターする【自己コントロール法の仕方】
自己イメージを変えるトレーニング【自己イメージとは何か】
深層心理と人間の行動【深層心理が人間に与える影響】