脳トレーニングの正しいやり方【脳トレーニングで頭を鍛える】

サイトマップ
自己啓発プログラム
 

脳トレーニングの正しいやり方【脳トレーニングで頭を鍛える】

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 脳トレーニングの正しいやり方【脳トレーニングで頭を鍛える】

ここ数年、脳トレーニングが注目され、たくさんの種類がWEB上や書籍、ゲームなどで紹介されています。
脳トレーニングは、ひとつやることで、複数の能力アップが期待できるものもあり、効果的に活用したいものです。ただ、とりあえず、手当たり次第にやればいいというものではありません。効果的に行わなければ、脳トレーニングが身につかなかったり、習得に時間がかかったりします。「能力アップを期待したのに、ただの時間の無駄だった」とならないためにも、脳トレーニングの正しいやり方を知りましょう。


集中して取り組む


脳トレーニングには、頭の回転を早めるとしてテレビで紹介されるフラッシュ暗算などの計算力を養うもの。暗記力を高めるもの。柔軟な発想力を求めるものなど様々あります。速読や速聴なども一般的です。
中には、WEBで紹介されているプログラムもあり、気軽に取り組めるようになった脳トレーニングですが、その効果を得るにはちょっとした工夫が必要です。
そのひとつが、集中力。脳を活性化するためのトレーニングですから、それに集中して取り組む必要があります。テレビを見ながらなど、片手間にやってもスキルアップは望めません。トレーニングに集中することでしか、効果的なスキルアップは望めないのです。
そして、この集中力を高めるのに効果的なのが呼吸法です。例えば、速読のトレーニングに呼吸法から学ぶのは不思議な感じがしますが、実はこのステップを飛ばしてしまうと、意味のない脳トレーニングとなってしまいます。


準備の大切さにも触れたものを選ぶ


最近は、たくさんの脳トレーニング教材を見かけますが、効果的に身につけられるものと、そうでないものがあるのも事実です。本当に役立つものかどうかは個人差もあるのですが、それ以前に、専門家の手によって作られたものかどうかが何より重要なポイントとなります。
それを見極めるのが、実際にトレーニングに入る前の準備の大切さを説明しているかどうか。トレーニングする場所や環境、呼吸法など、注意すべき点はいろいろあります。その重要性は、専門家だからこそ分かるポイントですので、この部分の説明を最初にチェックするといいでしょう。
大切なのは、その脳トレーニングによって、本当に能力がアップすること。有名大学の教授が監修しているから効果が高いというのは錯覚です。ぜひ内容重視で選んでください。
次に大切なのが継続。何年にも渡ってやる必要はありませんが、今日やって明日から能力アップということはありません。能力アップの実感がなくても、数週間は継続してください。ある時、「ハッ」とその効果を感じることがあるはずです。


関連記事
直感力を鍛える秘訣、直感力はアップすることができます
潜在意識を向上するCDについて、潜在意識を活性化させよう
右脳トレーニングの練習方法とは【右脳と左脳を活性化させる】
脳トレ問題で頭のトレーニングをする【脳トレが右脳を活性化する秘密】
判断能力を知る方法【判断能力を高めるトレーニング】
潜在能力を発揮させるには【潜在能力が発揮される状況について】
説明能力を高くするには【説明能力と仕事のできる人の関係】
事務処理能力で仕事の能率アップ【事務処理能力とは何だろう】
判断力を鍛えるトレーニング【判断力を上げる練習法】
注意力を付けるには【注意力をアップさせる秘訣】
空間認知力と脳の関係について【空間認知力の機能と仕組み】
脳力開発の仕方について【脳力開発で頭の回転を良くする】
的確な状況判断をする【状況判断力を養うには】
ゲーム脳の嘘と本当【ゲーム脳が子供に与える影響とは】
左脳と右脳の機能の違い【左脳と右脳を使い分ける】
集中力を高める練習【集中力で脳を活性化させる】