速読法の効果はあるのか【速読法の効果を検証する】

サイトマップ
自己啓発プログラム
 

速読法の効果はあるのか【速読法の効果を検証する】

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 速読法の効果はあるのか【速読法の効果を検証する】

数ある脳トレーニングの中でも、特に注目されている速読。単に早く本を読む技術だと思っている人も多いようですが、それは大きな間違い。本当の速読法の効果は、多岐にわたっているのです。
まず本を早く読むことができるようになれば、よりたくさんの知識を得ることができます。社会人になると、本を読む時間も少なく、知識を得たいと思っても、その時間をなかなか作れない人も多いと思います。少しでもと思い、就寝前に本を読むと内容が実に面白く、気づけば朝方まで本を読んでいて、結局翌日の仕事に影響がでてしまう。これはでまったく意味がありません。
速読法の効果によって、本を読む速度は何倍にもなります。もちろん内容も十分理解しながらなので、ムダなく知識を得て、それを活用することができます。


視覚の精度アップや集中力アップ


速読を学んだ人の中には、視覚に関する変化を実感する人も多くいます。これも速読法の効果のひとつです。
例えば、自転車に乗って車と塀の間をすり抜ける時、その距離感がより詳細に分かるようになります。これは、視界が広くなることと、目から得た情報が脳内でよりスピーディに処理されるから。これまでは、「ちょっと厳しいかな」と思っていた幅でも、すり抜け可能かどうかを素早く判断できるようになるというのはよく聞く話です。
また、集中力も格段にアップすると言われています。何をするにも、スピードアップのためには、集中力は欠かせません。仕事でも勉強でも、短時間に集中する方が習得率アップすることは、もはや常識。速読法の効果でも、特にうれしい部分かもしれません。


右脳の活性化で記憶力もアップ


さらに、速読法の効果として期待されることに、脳の活性化が上げられます。速読は、右脳のトレーニングです。読書で右脳?と疑問を持つ人もいるかもしれませんが、速読は、いわゆる読書とはまったく違う方法で読むスキルなので、右脳をフルに活用します。速読トレーニングをする中で、「右脳がジーンとなるような感覚になる」という人がいるほどです。これは、右脳がフルに働いている証拠です。
右脳が活性化されると、さまざまな能力がアップすることが知られています。例えば理解力。文章を素早く理解しながら読み進めていくので、自然に身に付く力です。
また、記憶力もアップします。しかも、速読術の効果として期待できるのは、長期記憶。人の記憶力の差は、この長期記憶の差とも言われ、これはトレーニングしなければ伸びない能力でもあります。わざわざトレーニングをするのは簡単ではありませんが、速読を身につける過程で身につくのですから、一石二鳥ならぬ、一石数鳥ということです。


関連記事
耳トレで能力開発する、耳トレが脳を活性化するトレーニング方法
速読の理解力とトレーニング方法、速読マスターをする秘訣とは
速読の効果には何があるのか【速読で発揮できる能力について】
速読ソフト(アプリ)のドコモ携帯版を発売致しました【日本初―携帯用の速読ソフト】
速読術がマスターできた人【速読術で本を50倍速く読む】
頭の回転を速くするトレーニング【頭の回転が速い人になる】
理解力を高めて速読をしよう【理解力を付けるトレーニング方法】
速読は脳力を開発する【速読の練習で新しい脳力を開発!】
英語をマスターする方法【英語を話せる脳を開発する!】