コミュニケーション能力を高める【コミュニケーション能力の練習】

サイトマップ
自己啓発プログラム
 

コミュニケーション能力を高める【コミュニケーション能力の練習】

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - コミュニケーション能力を高める【コミュニケーション能力の練習】

コミュニケーションとは、相手との意思の疎通を図ることです。相手に何かを伝え、相手の何かを感に取る。そうした、双方のやり取りがなければ、コミュニケーションは成り立ちません。
コミュニケーション能力を高めることができれば、より多くの人と快適な人間関係を作ることができます。仕事も日々の生活も、決してひとりではありません。コミュニケーション能力を高めて、快適な毎日を過ごしたいものです。


会話中も言葉以外でメッセージを伝えている


相手に何かを伝えるには、会話が基本となりますが、実は会話をしながらも、"言葉"以外でメッセージを発しています。例えば、口調や声の大きさ。他にも視線や態度など、実にいろいろなことで意志を伝えているのです。
実はメッセージを伝えることに関して言えば、言葉そのものよりも、別のことの方がより多くの伝達力を持っています。言葉では賛辞を述べていても、真顔であれば、「おべんちゃらに過ぎないな」と分かりますし、「また食事に行きましょうね」と言っていても、拒絶の表情があれば、社交辞令に過ぎないことがわかるでしょう。コミュニケーション能力を高めるには、会話術を身につけるのと同時に、それに付随する表情や態度にも気を配る必要があります。
特に笑顔のもつ力は絶大です。笑顔は人間が持つ最大の特長とも言われています。何も言わなくても、笑顔を見せるだけで安心感を与え、心を安らげる力を持っています。
外食産業やアパレル業界など、サービスをウリにしている業界の大手企業では、新人研修の中で、コミュニケーション能力の向上を目指し、必ず笑顔の訓練をすることを見ても、その大切さが分かるでしょう。
表情は、顔の筋肉が作ります。本当の笑顔は自然に出るものですが、必要に応じて自分で作ることも可能です。鏡の前でニッコリ笑い、わざとらしくない笑顔を作る訓練をするといいでしょう。
同時に無表情は、つまらなそうとか、怒っているように見えてしまうことも知っておくといいでしょう。笑顔の後に、自分ではふと真顔にしただけでも、相手から見ると、それはただの作り笑顔で、実はいらついているのではないかと不安をあおることになってしまいますので、注意が必要です。


相手との距離も重要


また、意外に気づいていない人も多いのですが、相手との距離もとても重要です。人によって感覚に違いがあるのですが、あまりに近寄りすぎると、かえって拒絶感を抱かせてしまいます。意識したことがないという人は、ぜひ自分の周りの人を見て、相手との距離はどのくらいなのかを観察してみてください。もちろん、シチュエーションや親しさによって、いろいろな距離があるはずです。
コミュニケーション能力を高めるには、人の観察が大切です。


関連記事
性格改善法のやり方でコミュニケーション【性格を変えるにはどうすれば良いのか】
友達の作り方と増やし方【積極的に友達を増やす方法】
あがる脳の仕組みとは、なぜ人は上がってしまうのか【あがり症を治す方法】
右脳強化とコミュニケーションの関係【コミュニケーションのトレーニング方法】
対人関係を改善する話し方【対人関係はなぜ悪くなるのか】
緊張しない方法とは【緊張しない人と緊張する人の違い】
あがり症の人の話し方について【あがり症はなぜなってしまうのか】
性格を治す話し方について【性格を治す話し方と行動法】
人間関係を良くする会話法【人間関係を向上させる秘訣!】
赤面症を改善する方法とは【赤面症になる人とならない人】
コミュニケーション法が身につく【コミュニケーション法が上手くなる】
性格改善と意識の関係について【性格改善する仕方と練習】